文系向けの仕事で楽しい職種とは?自分に合った仕事を探す3つのコツを紹介!

文系の人
文系向けの楽しい仕事ってないかな?

世間では「文系の転職はきつい」と言われており、将来に不安を抱いている人は多いでしょう。

 

 

時代背景によって文系・理系によって多少の有利不利はあるが、一概にどちらが良い、というものではありません。

 

 

この記事では、文系の仕事で楽しい職種例と、探し方のコツについて紹介します。

 

 

転職成功のコツは、自分の適性を知ることが第一です。

 

 

自分の長所を活かし、興味を持てる仕事に就くことができれば、満足いく結果を得られるはずです。

 

【こんな悩める会社員へ】
・文系出身を活かせる仕事を探している
・今の仕事が自分に合っていないため、転職を考えている
・自分の適性の活かし方を知りたい

文系に向いている職種例

文系に向いている職種例は、以下の通りです。

・営業

・ライター

・接客・サービス

・事務

・公務員

プリン
一つずつ解説していきます

営業

文系の転職先としては、営業がまず思い浮かぶでしょう。

 

 

営業は、顧客に対して商品情報を分かりやすく伝え、納得してもらうことが大切になります。

 

 

また、相手の理解度に合わせてかみ砕いた表現をすることも求められるため、文系の人の

・コミュニケーションスキル

・表現力

・想像力

 

といった武器を大いに活かすことができます。

 

 

企業によってはノルマを達成することでインセンティブやボーナスがもらえるため、高収入を目指すことができ、頑張った分だけ反映されることでモチベーション維持にもつながるでしょう。

 

 

またほとんどの営業では、一人で業務を行い、スケジュール管理は個人の裁量に任されているため、その他のオフィスワークと比べて自由度が高いのも魅力です。

 

 

営業経験を積むことで、将来的にはコンサルタントや企画・マーケティングといったキャリアアップを目指すことも可能ですよ。

ライター

文系にとって、文章を書くライターの仕事は身近に感じやすいでしょう。

 

 

ライターの仕事は、正確かつ論理的な文章を書くことが求められますが、学生時代に読み書きを多く学んできた文系の人にとっては抵抗なくこなすことができるはずです。

 

 

また、ライターはクライアントや読者など、様々な人のことを考える必要があるため、コミュニケーション能力が大切な点も特徴なんです。

 

 

ライターはフリーランスで仕事をすることが多いため、会社勤めしない場合は仕事探しや金銭・スケジュール管理など、全てを自分ひとりで行う必要があります。

 

 

大変な反面、組織に属さず気楽に仕事ができるメリットがありますね。

接客・サービス

コミュニケーション能力の高い文系の人には、接客・サービス系の仕事も親和性が高いでしょう。

 

 

また、未経験からスタートしやすいメリットも大きいです。

 

 

接客業では、様々な人との関わり方や、提案力を磨くことができます。

 

 

さらに他の職種と比べ、早い段階で店長などのリーダー経験を積むことができるため、管理職へステップアップしやすい特徴がある。

 

また、マネジメント経験を積めば、将来的に別業界へ転職しても通用するスキルとなり、やる気次第では経営者を目指すことも可能です。

事務

事務系の仕事は、文系の人に人気の高い仕事です。

 

 

事務の仕事は、業界などにもよるが、周囲と協力しながら細かい作業をコツコツとこなすことが求められます。

 

 

基本的に、一つの仕事をチームで分担して進めるため、何かあった際は責任者に確認や交渉を行い、「波風を立てないように上手く進める」技術が必要です。

 

 

また、一つの得意分野があるというよりは、どんな仕事でも臨機応変に対応できる人が向いています。

 

 

一人で仕事をすることは少ないため、人間関係に抵抗があったり、一人で仕事に没頭したいタイプの人は苦痛に感じる可能性が高いですね。

 公務員

安定しており、福利厚生がしっかりしている公務員は、文系の人に非常に人気のある仕事です。

 

 

・社会貢献への意欲

・正義感が強い

・人の役に立ちたい

 

と考えている人には非常に向いている仕事といえるでしょう。

 

 

ただし公務員になるためには、公務員試験に合格する必要があることと、受験可能な年齢制限がある(多くは30歳前後)点がネックですね。

 

 

とはいえ、不況に強い職業であることは間違いないため、受験資格があり、安定した仕事に就きたいと考えている人にとっては魅力的な仕事と言えるでしょう。

自分に合った仕事の探し方のコツ

自分に合った仕事の探し方のコツは、以下の通りです。

・得意な教科や科目は何だったか

・仕事を通してどのように成長したいか

・人生における優先順位を考える

プリン
一つずつ解説していきます

 得意な教科や科目は何だったか

文系の学部といっても

・人文学部

・経済学部

・教育学部

・法学部

・経営学部

 

など、多岐にわたります。

 

 

つまり「なぜその学部を選んだのか」という点に大きなヒントがあるのです。

 

 

「たまたま受かったから」、「特に目的は無かった」という人もいるでしょうが、少なくとも苦手な分野を自ら選んで受験する人はいませんよね。

 

 

また逆に、「選ばなかった学部」もあるでしょう。

 

 

選んだ学部、選ばなかった学部それぞれの理由について振り返ってみると、自分の原点が見つかるきっかけとなるはずです。

仕事を通してどのように成長したいか

会社のネームバリューや将来性、福利厚生の充実度も会社選びにおける大切な基準ですが、それだけで選んだ仕事で楽しいと感じることは難しいでしょう。

 

 

どのような仕事も、それぞれ辛さや大変さは存在します。

 

 

ですが「これがあるから頑張れる!」というものがあるからこそ前向きに続けることができるのです。

 

 

これは「得意な教科や科目は何だったか」とも共通していることですが、その学問を学ぶことで得られる楽しさや成長性を仕事に置き換えてみるとイメージしやすいでしょう。

 

 

どんな分野で、どのように成長してゆきたいのか、という目的が分かれば、仕事で壁にぶつかったとしても、ブレることはないはずです。

 人生における優先順位を考える

仕事は一日の大半を占め、選ぶ仕事によっては、生活様式が大きく変化するものもあります。

 

 

そのため、「何を優先させたいか」について考えておくことも大切です。

 

 

キャリア形成や家族と過ごす時間、趣味に没頭する時間など、人によって優先させたい内容は様々

 

 

仕事における「楽しい」は必ずしも仕事だけの楽しさだけとは限りません。

 

 

仕事はあくまでも仕事、と割り切って家族と過ごす時間を充実させたい人にとっては、残業がほとんどなく、休日が多い仕事に魅力を感じますよね。

 

 

また、ライフステージの変化に伴って自分のニーズも変化する可能性もあります。

 

 

転職を考えた今を良い機会と捉え、自分が将来的にどのような生活を送りたいか、考えておくと良いでしょう。

文系の楽しい仕事【まとめ】

・コミュニケーションが得意な文系の人は、営業や接客・サービス系の仕事が向いている

・ライターの仕事は文系の人にとって親和性が高く、一人で仕事ができるメリットもある

・細かい作業やチームで仕事をすることに抵抗がなければ、事務の仕事も向いている

・公務員は試験や年齢制限があるが、安定した仕事であり、メリットも大きい

・得意な科目や学科は何だったかという点に仕事選びのヒントがある

・仕事を通してどのように成長したいか、という目的を明確化させることが大切

・仕事と生活は密接な関係があるため、人生における優先順位をつけることも重要

 

 

「文系は手に職をつけることが難しいため、転職では不利」とよく言われるが、必ずしもそうではありません。

 

 

もちろん医師や研究開発といった専門職は難しいが、それ以上に選べる仕事の幅が広いメリットがあると言えます。

 

 

また仕事は、日々の生活や人生に直結するため、「仕事内容の楽しさ」だけではなく、余暇の過ごし方やキャリアプランなど、トータル的に「楽しい」と感じられるものを選ぶことが大切です。

Twitterでフォローしよう