その同業他社への転職は失敗かも…?失敗する理由と3つの注意点を紹介します!

転職を考えた際に、同業他社が思い浮かぶことが多いでしょう。

 

 

即戦力として業務上のスキルや業界の知識を活かせるのはもちろん、仕事のイメージがしやすいためですね。

 

 

ですが実は、安易に同業他社へ転職してしまうことで失敗するケースも多いんです。

 

 

この記事では、同業他社への転職で失敗する理由と、注意点について紹介します。

 

 

失敗の原因が分かれば、転職時のリスクを回避できます。

【こんな悩める会社員へ】
・同業他社への転職を検討している
・同業他社から引き抜きにあっており、迷っている
・同業他社へ転職するリスクを知っておきたい

同業他社への転職が失敗する理由とは?

同業他社への転職が失敗する理由は、以下の通りです。

・知識やプライドが邪魔してしまう

・根回し不足

・転職して本当に「不満」が解消されるのか?

プリン
一つずつ解説していきます

知識やプライドが邪魔してしまう

当たり前ですが、同業他社であっても、以前の会社とは仕事の進め方や人間関係、待遇など、全てにおいて全く別の会社です。

 

 

良くも悪くも、仕事内容が同じだと「前の職場では○○だった。」と、比べてしまいやすいんですね。

 

 

また、即戦力として早く結果を出そうと焦ってしまったり、同じ業界で経験を積んできたというプライドが邪魔したりしてしまうことで、知ったかぶりをしてしまい、新しい環境になじめない人は多いです。

 

 

特に、前職でのキャリアを重ねている人ほど顕著ですね。

 

 

「前の会社はこうだった」という発言や、知ったかぶりばかりでは、周囲から煙たがられかねないでしょう。

 

 

入社直後の戸惑いは仕方ないとしてもそれが続けば、転職先での人間関係がうまくいかず、また転職する…といった可能性もあるのです。

 

 

経験者とはいえ、新人です。

 

 

また転職先の人は、新人の過去の活躍を知る由もないため、信頼や実績はゼロから積み上げるつもりで入社することを前提としないと失敗してしまう可能性があるのです。

根回し不足

業界にもよりますが、業界内のつながりが強い場合は、前職でのトラブルや評判が転職先に知られてしまう場合もあるため、可能な限り円満退社をお勧めします。

 

 

以前の職場が理不尽なことで叱責を受けたり、正当な評価をしてもらえなかったりといったブラックな職場だった場合は特に気を付けたいところです。

 

 

同業他社への転職となれば、前職の人達に「会社に何らかの不満があったのではないだろうか?」と考えられやすいもの。

 

 

つまらないことであなたの評価を落とすような噂を立てられることのないよう、以前の職場の人に退職理由を聞かれた際は、慎重に返答しましょう。

 

 

前職で辛い目にあって転職した場合、前職を恨みたくなる気持ちもあるかもしれませんが、転職先でも足を引っ張られてしまっては元も子もありません。

 

 

今後、元上司や同僚といつ接点が出てきても良いように、誠意をもって引き継ぎや挨拶を行い、仁義を尽くしておくべきです。

転職して本当に「不満」が解消されるのか?

退職理由を正直に転職先や以前の職場に伝える必要はありませんが、自分の中では退職理由をしっかり整理しておくべきです。

 

 

特に仕事内容自体に不満があった場合は、慎重になったほうが良いですね。

 

 

接客によるストレスが多いことや、不規則な勤務体制になりがちであるといったような、仕事の特性上避けられない要因に関しては、同業他社へ転職しても、同じような理由で退職しかねないからです。

 

 

転職したくて仕方ないほど辛い場合、気持ちばかりが先行してしまい、「今の職場を離れられるならどこでもいい」と考えてしまうこともあるでしょう。

 

 

また、実は他の業種や職種で活かせる才能があるかもしれません。

 

 

同業他社への転職は、スキルを活かせるメリットがありますが、決めつけてしまうことでかえって可能性を狭めてしまうこともあるため、転職を「いい機会」と捉え、じっくり自己分析を行うことで、後々後悔するリスクを避けられるはずです。

同業他社へ転職する際の注意点

同業他社へ転職する際の注意点は、以下の通りです。

・競業避止義務に要注意

・ゼロから始めるつもりで

プリン
一つずつ解説していきます

競業避止義務に要注意

競業避止義務(キョウギョウヒシギム)とは、

労働者が退職後に競業他社へ転職したり、競業する会社を自ら設立したりするといった競業行為を禁止するものです。

 

 

機密情報を知っている従業員によって他社に情報が洩れてしまったり、元従業員が就業中に得たノウハウを使用して同業種の会社を設立したりすることで、企業が損害を受けないように定められたものです。

 

 

入社時や退職の際に、職場から「○年間は同業他社へ転職しない」といった内容が盛り込まれた競業避止義務に関する誓約書への署名を求められることがあります。

 

 

一般的には、企業で機密情報を扱う役員や事業部長クラスの人に課されることが多い規定なのですが、就業規則や入社時の誓約書に記載されている場合、一般社員も規定の対象となるため要注意です。

 

 

また、退職の際に職場から誓約書へサインを求められた際は、内容をよく確認し、「競業避止義務」に関する記述がないかどうか確認したほうが良いですよ。

ゼロから始めるつもりで

同業他社とはいえ、仕事の進め方や職場文化、給与や暗黙のルールなど、全てが今までとは異なることを念頭に置いておきましょう。

 

 

もちろんこれまでの経験や知識は即戦力として活躍できるが、前職でのやり方を前面に出してばかりでは、転職先で良好な人間関係の構築に支障が出てしまいます。

 

 

転職先の人とお互いの気心が知れ、信頼関係を築くことができるようになる入社後3~6か月程度の間は、仕事に関する知識や顧客作りも全てゼロから始めるつもりで臨むと、転職先の人の心象も良くなるはずです。

 

 

いい機会だと思って業界に関する事や商材のことを再度学んでみることで、新たな発見もあるでしょう。 

まとめ

・同業他社でも新人に変わりはないため、信頼や実績をゼロから積み重ねるスタンスで

・同業他社への転職は、不要なトラブルを避けるために円満退社がよい

・転職の動機について整理できていないと失敗を繰り返す原因となる

・同業他社へ転職する際は、競業避止義務に関する規定に注意する

・以前の職場での知識やプライドは捨て、ゼロから始めるつもりで臨む

 

 

同業他社への転職は、同業種を長年経験したことから志望動機に具体性をもたせやすく、即戦力としてアピールしやすいという点から、他業種と比べて転職先が決まりやすいメリットがあります。

 

 

ですが転職が決まりやすい一方で、様々なリスクが伴います。

 

 

転職前の準備はもちろんですが、「同業他社ありき」で転職活動を進めてしまうと、自分自身の可能性や才能を充分に活かせないこともあるのです。

 

 

後悔しないよう、あなた自身の希望や将来のキャリアプランなどについてしっかり整理してもらいたいと思います。

Twitterでフォローしよう