ゲーマーに向いてる仕事とは?趣味も仕事も諦めず自分に向いてる仕事を探そう

現在スマホやテレビ、パソコンなど、様々なプラットフォームで数多くのゲームが気軽に楽しめます。

 

 

ゲームが好きな人の中には、「ゲーム好きを仕事に活かせないだろうか」、と考えている人もいるでしょう。

 

 

この記事では、ゲーマーに向いてる仕事と向いていない仕事について紹介します。

 

 

ゲーマー=ゲーム関連の仕事だけではありません。

 

 

自分の性格や志向を理解した上であなたにとって理想的な仕事を見つけましょう。

 

【こんな悩める会社員へ】

・自分はゲーム以外これといって好きなことがない

・ゲーマーな自分に向いてる仕事が知りたい

・ゲーマーに向いていない仕事についても知りたい

プリン
↓転職に必須な「自分の強み・適正」を無料診断する方法はこちらです↓(別記事)

 

ゲーマーに向いてる仕事

ゲーマーに向いてる仕事は、以下の通りです。

・ゲーム実況

・プログラマー

・ゲームプランナー

・デバッカー

・ゲーム攻略ライター

・ゲームショップの販売員

・イラストレーター

・公務員

・在宅ワーク

・事務職

・工場勤務

 

 

ゲーマーの強みは,

・負けず嫌い

・上達や達成までの道筋の付け方が上手い

・コツコツ取り組める

という点です。

 

 

頭の回転が早く、要領が良い人がとても多いのでどのような仕事もできますが、ゲームに関連していないことには正直あまり興味がないことが多いです。

 

 

そのため、向いてる仕事を選ぶ際は「ゲームに関連する仕事」もしくは「ゲームをする時間を確保できる仕事」をポイントにすると良いです。

 

【ゲームに関連する仕事】

ゲームで遊ぶのが好きな場合であれば、動画サイトでのゲーム実況や、ゲーム攻略ライターなどが向いています。

 

 

実際に自身の体験をライブ配信したり、記事にしたりすることで、好きなゲームの魅力を多くの人に伝えることでやりがいを感じられるでしょう。

 

 

また実際に自分で作ってみたい、という場合は、プログラマーやゲームプランナー、イラストレーターなどのクリエイティブな仕事にも向いています。

 

 

これらの仕事は高いスキルが必要となりますので、未経験ですぐに転職、というのは難しいですが、手に職を付けられますので、実力を付けることができれば、ゲーム業界以外でも応用が可能ですし、フリーランスとして独立することも可能です。

 

【ゲームをする時間を確保できる仕事】

好きなことを仕事にするのはモチベーションやスキル向上の面において有利ですし、素晴らしいことではありますが、仕事にした際に理想と現実とのギャップに悩む人は多いです。

 

 

「仕事は仕事」と割り切ることができれば良いですが、そうではない場合は、ゲームする時間を確保できる公務員や事務などの残業が比較的少ない仕事がおすすめです。

 

 

ゲーマーにとって、ゲームをする時間が何よりも幸せです。

 

 

ゲームをするために仕事をしているのに、ゲームに関連する仕事でない上に残業だらけでゲームをする時間がないとなれば働く張り合いがなくなってしまうでしょう。

 

 

ゲーマーが自分に向いてる仕事を探す上で最も大切なのは、「ゲームと仕事の境界線をどこに置くのか」を明確化させることです。

 

 

ご存知の通り、ゲーム業界はかなり専門的ですし、高いスキルが必要とされますので、ゲーム関連の仕事を本気でしたい場合は覚悟が必要です。

 

 

専門分野に踏み出してみた後に「やっぱり思ったのと違った…。」と後悔しても手遅れになりかねませんので、転職の際は慎重に検討しましょう。

 

ゲーマーに向いていない仕事

ゲーマーに向いていない仕事は、以下の通りです。

・接客業

・営業

・警察官

・美容師

・弁護士

・ホテルスタッフ

・SE

 

これらの仕事に共通しているのは、

・対人コミュニケーションが多い

・休みが不定期/少な目

・残業が多く、比較的勤務時間が長い

という特徴があります。

 

 

ゲーマーにとって最大の楽しみであるゲームをする時間が確保できないことほど辛いことはないでしょう。

 

 

ただでさえフルタイム勤務でゲームをする時間が少ない上に、残業や休日出勤三昧で更に時間がなくなってしまえば感覚が鈍ったり、ライバルに遅れをとったりしてしまいます。

 

 

またゲーム好きな人は、オンラインでのコミュニケーションは良くても、対人のコミュニケーションが苦手な人が多いので、人との付き合いが深いこれらの仕事は疲れやすく、避けた方が良いです。

 

まとめ

・ゲームで遊ぶのが好きな場合はゲーム実況やゲームの攻略ライターなどが向いている

・専門的なスキルは必要だが、プログラマーやイラストレーターの仕事も向いている

・ゲーマーが仕事を選ぶ際はゲームと仕事との境界線の引き方に注意する

・残業が多く、休みが少なめな仕事はゲームの時間を確保できないので避けた方が良い

 

 

ゲーマーにとって悩ましいのは、生活とのバランスです。

 

 

ずっとゲームしていたいけど、生活もある…でもできればゲーム好きを活かした仕事に就きたいのが本音です。

 

 

ゲーマー最大の強みは「負けず嫌いで一つのことを最後までやり通す力がある」という点です。

 

 

ですので、本来どのような仕事でもその気になればそれこそゲーム感覚で仕事をこなすことができる才能を持っています。

 

 

あとは、本気でゲームに関わる道に進むか、ゲームを楽しむ道に進むかを選択することです。

 

 

あなたの「軸」を決めれば自ずと選ぶべき仕事が見つかるはずです。

Twitterでフォローしよう