「派遣先の残業が多いから辞めたい」はアリ?円満に辞める方法と4つの注意点

派遣は勤務地や条件を選びやすいことから、仕事とプライベートにメリハリをつけて働けるメリットがあります。

 

 

ですが、派遣先によっては残業が多く、「派遣のメリットがない…」と、不満に感じている人も多いです。

 

 

この記事では、「派遣先の残業が多いから辞めたい」と思った時の対処法と注意点について紹介します。

 

 

派遣は便利ですが、派遣先や派遣元とのトラブルも一定数存在します。

 

 

注意点が分かれば、円満に次の職場へ行けるはずです。 

【こんな悩める派遣社員へ】

・派遣先の残業が多くて辞めたいと考えている

 

・派遣を辞める時の注意点を知りたい

 

・終業前の説明と実態が大きく異なっているが、誰にどう相談して良いか悩んでいる

 

 派遣先の残業が多く辞めたいと思った時の対処法

派遣先の残業が多くて辞めたいと思った時の対処法は、以下の通りです。

・契約内容を確認

・次の仕事を探す

・派遣会社の担当者へ辞めたい旨相談する

プリン
一つずつ解説していきます

 

契約内容を確認

派遣は、終業前に必ず派遣先企業から説明を受ける面談があるため、残業が多いかどうかは事前に分かることがほとんど。

 

 

それなのに「残業が多くて辞めたい」と感じる場合は、就業先の説明が不十分だったか、就業後に契約範囲外の仕事を大量に任されてしまっているかのどちらかです。

 

 

そのため、まずは派遣会社から届いた契約書の内容の確認を行い、現在の就業内容に乖離がある場合は、派遣会社の相談窓口や担当者へ相談することをお勧めします。

 

 

派遣社員は、基本的に契約書で定められた内容に従わなければならないことになっているため、就業先の独断で契約範囲外の仕事を行わせた場合は契約違反となる場合もあるのです。

 

 

特に、派遣社員の受け入れに不慣れな企業にありがちなのですが、派遣社員が仕事の飲み込みが早かったり、就業先が忙しかったりすると、いつの間にかどんどん仕事を任され、正社員と変わらない仕事をこなしていた、というケースは決して珍しくありません。

 

 

就業先から仕事を任されるということは、あなたの仕事ぶりが評価されていることを意味するため、そういった面では喜ばしいことです。

 

 

ですが、契約段階で残業や仕事内容についてしっかり取り決めたにも関わらず、後出しで残業や多くの仕事を派遣社員に当たり前のように押し付けるのは契約違反であり、そういった企業の姿勢は問題視すべきです。

 

次の仕事を探す

正式な退職時期は派遣会社と就業先との話し合いによって決まりますが、全て決まってからの開始では時間がもったいないため、辞めることを決めたら次の職場の候補を探し始めると良いでしょう。

 

 

また体調的にまだ余裕がある場合は、すぐに辞めることを伝えずに、良さそうな企業が見つかり次第、正式に辞めることを伝える方法も有効です。

 

 

続けて派遣社員として働く場合、年末調整や社会保険の手続きのことを考えると、同じ派遣会社で続ける方が別の派遣会社で働くよりも手間が少ないです。

 

 

しかし、派遣会社によって紹介企業が異なったり、同じ職場でも時給が異なったりする場合もあるため、複数社から探すようにすれば、より良い職場を探すことができるでしょう。

 

 

余談ですが、派遣社員は退職後の離職票や源泉徴収票などの書類申請が全てwebでできるため、退職後に「離職票が送られてこない…」といったトラブルとは無縁です。

 

 

だからと言って、いつでもすぐに辞めて良いという意味ではありませんが、急に源泉徴収票などが必要になった時に問い合わせる際の精神的なハードルが低いことも大きなメリットと言えるでしょう。

 

派遣会社の担当者へ辞めたい旨相談する

現在の派遣先を辞めると決意したら、まずは派遣会社へ連絡をします。

 

 

この時、派遣会社の担当オフィススタッフでも良いが、派遣会社の担当者へ直接電話やメールすると話が早いでしょう。

 

 

辞める際は、派遣会社の担当者と面談や電話で辞めたい理由や退職時期に関する内容について話し合うため、辞める理由や次の就業先に関する希望があれば、簡単にまとめておくとスムーズです。

 

 

あなたと派遣会社の担当者の間で内容がまとまった後、今度は派遣会社の担当者が派遣先企業へ退職に関する話し合いを進めてくれます。

 

 

その後、派遣先企業の了承を得られれば退職が決まりとなり、派遣会社からの指示に従って退職の手順を踏むことで問題なく退職となるのです。

 

 

基本的に派遣社員が派遣先企業と退職交渉をすることはなく、全て派遣会社の担当者を挟んで交渉を進めます。

 

 

そのため、退職を申し入れる際の気まずさや不安は、正社員と比べて非常に少ないと言えるでしょう。

辞める際の注意点

派遣を辞める際の注意点は、以下の通りです。

・契約更新の1か月前には派遣会社へ退職を伝える

 

・できれば契約更新に合わせて退職する

 

・担当者の引き止めに注意

プリン
一つずつ解説していきます

 

契約更新の1か月前には派遣会社へ退職を伝える

契約期間満了で退職する場合でも、遅くとも1か月前までには派遣会社の担当者へ退職する旨を伝える必要があります。

 

 

もちろん1か月前は最低限のラインであって、早ければ早いほど良いです。

 

 

派遣会社としても後任スタッフを探す必要があり、就業先も急に人が減ってしまっては業務に支障が出てしまうためですね。

 

 

基本的に契約更新時期が近づけば、担当者から更新の意思確認の連絡や面談が入るものですが、長期契約だった場合や、担当者の都合によっては更新毎に連絡が入らない場合もあります。

 

 

そのため、退職の意思が固まった場合は担当者からの連絡を待たず、すぐに連絡することをお勧めします。

 

 

契約更新の度に派遣会社から契約書が届くため、次の更新時期がいつか、常に把握しておくと良いでしょう。

 

できれば契約更新に合わせて退職する

円満に退職するためには、契約満了での退職が理想的です。

 

 

極端な例ですが、「良い職場が見つかったから明日辞めます」などのような身勝手な理由で強引に辞めてしまっては、就業先、派遣会社ともに大きな不利益を被るでしょう。

 

 

正当な理由なく就業先を退職した場合は、派遣会社の「ブラックリスト」に載り、今後の仕事紹介に支障が出る可能性もあるため要注意ですよ。

 

 

ただし、

・自身の体調不良

・契約内容と実際の業務が異なっている

・家族の介護

 

などのやむを得ない事情であれば、契約期間内でも問題なく退職することができます。

 

 

特に、「契約内容が異なる」場合は、派遣先企業に非があるため、最も問題なく辞めることができるでしょう。

 

 

ただし、派遣先が改善策を提示してきた場合、退職を保留にされる場合もあるので、確固たる退職の意思がある場合は、遠慮してうやむやにしないように注意したいところです。

 

担当者の引き止めに注意

派遣社員が就業先を辞める際、派遣会社の担当者から強い引き止めにあうケースが多いです。

 

 

派遣会社としても代わりのスタッフをすぐに探さねばなりませんし、

見つからない場合や派遣先企業の希望に合う人材を供給できなければ

別の派遣会社と契約されてしまったり、クレームになってしまったりするためですね。

 

 

私が過去に派遣社員として働いていた際、派遣先企業に深刻な問題があるにも関わらず、強い引き止めにあったことがあります。

 

 

契約違反に加えて上司の酷いパワハラを訴えても、話をうやむやにされてしまい、

「派遣社員と就業先、どっちの担当者なんだ!」と、内心腹立たしかったです。

 

 

この時、最も要注意なのは、担当者の押しに負けて退職の意思を曲げてしまうこと。

 

 

結果的に退職しないことが「正解」であれば何の問題もないのですが、退職できずに後悔してしまったり、体調を崩してしまったりした後では後の祭りです。

 

 

そのため、こちらもある程度はドライに割り切った方が無駄な消耗を抑えられるでしょう。

派遣先の残業が多いから辞めたいとき【まとめ】

・残業が多い場合、契約外の仕事を請け負っている可能性もあるため、契約内容を確認する

・辞めることを意識した段階で次の職場を探し始めると時間の無駄が少なくてスムーズ

・退職の意思が固まったら、まず初めに派遣会社へ連絡する

・退職の意思を伝える時は、契約更新日の1か月前までに派遣会社へ伝えること

・やむをえない事情を除き、契約途中での退職はペナルティがあるため要注意

・退職時に担当者から強く引き止められるケースもある

 

 

派遣社員として働いていると、契約時に企業側と派遣社員側で見解の行き違いなどによって就業後にギャップを感じることもあるでしょう。

 

 

ですが、契約更新するかどうかの権利は就業先だけではなく、あなたの側にもあることを忘れてはなりません。

 

 

そのため、契約内容との相違や、仕事が給与に見合っていないと感じた場合は辞めても問題ないのです。

 

 

現在派遣の案件は多く、派遣から正社員になれる可能性も高まっているため働き方の幅はさらに広がっています。

 

 

無理に我慢するのではなく、あなたにとってベストな働き方を求めることが何よりも大切です。

Twitterでフォローしよう