派遣先の仕事が合わないときはどうしたらいい?後悔しないための3つの方法

派遣職員は期間限定や時短勤務など、個人の希望に合った働き方をしやすいため、メリットも多いです。

 

ですが一方で、実際に入ってみたら「思っていたのと違った」というような齟齬が起こるケースも存在します。

 

 

この記事では、派遣先の仕事が合わないときの対処法を、派遣職員として働いた私の経験をもとに紹介します。

 

 

対処法を誤ってしまうと、めでたく派遣会社のブラックリスト入りを果たしてしまう可能性もあるため、円満に解決することが大切ですよ。

 

【こんな悩める派遣社員へ】

 

・派遣されたばかりだが、派遣先が合わなくて困っている

 

・派遣先の待遇や仕事内容が事前説明と異なっているが、対応方法が分からない

 

・すぐにでも派遣先を変えたい

 

派遣先の仕事が合わない理由は何かを洗い出す

「合わない」と感じたとき、すぐにでも辞めたい気持ちになるかもしれませんが、理由によって対応方法が異なるため、まずはしっかりとした理由を洗い出すことが重要です。

 

合わない理由としてよくあげられるのは以下の通りです。

・職場の雰囲気や人間関係が悪い

・仕事内容が合わない

・事前の説明と異なる部分があり、支障が出ている

・自身の家庭環境が変わってしまった

 

派遣職員は、事前に職場訪問をするケースが多いですが、実際の雰囲気は派遣後でないと分からないことがほとんどです。

 

 

ですが、即戦力を期待されている派遣職員として働く以上、職場環境や人間関係に上手く溶け込めるスキルも、ある程度は必要であるのは事実ではあります。

 

 

また、派遣先の社員も、派遣職員の受け入れに不慣れな場合や、自分達の立場に危機感を感じている場合もあるため、どのような対応をすればいいか内心で困っていることもあるでしょう。

 

 

職場ごとに風土や文化があるものなので、まずは状況や周囲の人の立場などを理解し、自身を評価してもらえるようになる努力は必要です。

 

ですがもちろん、日常的にハラスメントが横行している職場や、自身の家庭環境など、やむを得ない事情もあります。

 

 

そのためこの段階では、理由を洗い出すとともに「個人の力で改善可能か・不可能か」といった点も考える必要があります。

改善できることは派遣会社へ報告・相談する

派遣職員は、派遣会社から企業へ派遣されている立場上、何かあったときは派遣会社経由で就業先へ伝えてもらうことになります。

 

 

そのため、

・事前の説明と待遇や仕事内容が違った

・職場でハラスメントが横行して困っている

 

など、個人の力では対処が難しい場合は、すぐにあなたの担当営業の人へ相談するべきです。

 

 

私も派遣先の環境が、事前説明と全く異なっていたことは何度か経験があります。

 

 

例えば「オフィス内分煙」だったため入職を決めたのに、入ってみたら受動喫煙を余儀なくされた職場や、昼休みがほとんど取れない職場などですね。

 

 

内容によっては給与にも大きく関わってくるケースも数多くあるため、契約内容を確認し、あなた自身にとって少しでも「不利益がある」と感じた場合はすぐに派遣会社へ伝え、ご自身を守ってもらいたいと思います。

 

 

残念ながら事前説明と実態が大きく異なる職場が存在するのも事実。

 

 

そのため、派遣会社へフィードバックする意味でも、遠慮せずに事実を報告するべきです。

 改善が難しい場合は派遣先を変える

あなたが最善を尽くしても、改善が難しいケースもあるため、その場合は思い切って派遣先を変えた方がストレスが減るでしょう。

 

派遣先を変える上では、下記のポイントに注意が必要です。

・一時的な気持ちでないかどうか、最終確認

・派遣先を辞める時期は契約更新時がベター

 

一時的な気持ちでないかどうか、最終確認

派遣職員と言っても、職務経歴は残ります。

 

 

そのため、極端に短い期間で辞める場合などは、次の派遣先にマイナスにとられてしまう可能性も否定できません。

 

 

また、自分のメンタル状況によっては、一時的に嫌になっているだけの場合もあるため、現在問題になっている内容以外の要素にも目を向け、現在の派遣先を総合的に判断すると後悔しなくて済むでしょう。

 

 

そのために、可能であれば一度休みをもらうなどして、冷静になる時間を設けるのも一つの手段です。

 

派遣先を辞める時期は契約更新時がベター

どんなにひどい職場だったとしても、契約途中で破棄してしまった場合はあなたが派遣会社のブラックリストに載ってしまう可能性があります。

 

 

ブラックリストに載ってしまうことで、その派遣会社から仕事の紹介を受けられなくなるなど、今後に制限が出てしまうのです。

 

 

そのため、可能であれば契約更新の時期に辞めることをお勧めします。

 

 

ですが、状況によっては難しいこともあるもの。

 

 

やむをえない場合は途中で辞めることも可能であるため、派遣会社へ相談するとよいでしょう。

まとめ

・派遣先の仕事が合わないと感じた時は、その「理由」と「個人で対応できるか否か」を洗い出す

・改善してもらいたいことは遠慮せず派遣会社へ報告・相談するべき

・どうしても難しい場合は就業先を変えてもよい

・辞める時は契約更新時がベターだが、緊急を要する場合はすぐに辞めることも可能

 

派遣職員として働く上で大切なのは、「自分の身は自分で守る」ことです。

 

 

当たり前ですが、派遣職員は就業先で直接雇用されていないため、余計なしがらみが無いメリットがある一方で、孤軍奮闘しなければならないこともあるのです。

 

 

派遣先が大変な職場だったときは、とても辛いでしょうが、その経験は必ずあなたの力になるはずです。

 

 

派遣会社としっかり連携をとり、あなたにとって少しでも快適な職場で働いてもらいたいと思います。

Twitterでフォローしよう