働きながら転職するやり方とは?成功するための手順と注意点2つを紹介

転職において気がかりなのが、「働きながら転職活動を行う」ことでしょう。

 

 

フルタイムで働きながらだと時間の制約もあり、難しく感じますが、かといって適当にできるものでもないですよね。

 

 

ここでは、働きながら転職するための方法と、注意点について紹介します。

 

 

転職は、金銭的な問題も出てくるため、可能な限り働きながら行う方が良いです。

 

 

事前にしっかり行動計画を立てることで、転職に伴う不安を減らせるはずです。

 

【こんな悩める会社員へ】
・今の会社を辞めたいと考えている
・退職後に転職活動するのでは、金銭的に不安
・働きながら転職する方法について知りたい

働きながら転職するやり方

働きながら転職する方法は、以下の通りです。

・自己分析

・期限を決める

・情報収集、応募

プリン
一つずつ解説していきます

自己分析

まずは、自己分析ですね。

 

 

仕事選びはもちろんですが、次の職場に求める待遇や働き方など、今後の行動指針をしっかり決めておくことが最重要です。

 

 

なぜなら、自己分析ができていないと、次の転職先で現在と同じような不満を抱えることになる可能性があるからです。

 

 

もちろん人間関係など、自己分析だけでは解決できない問題もあります。

 

 

しかし、自分が求めるものをきちんと把握できていれば、少なくとも入社後に仕事内容や待遇面で「こんなはずではなかった」と後悔することはないでしょう。

 

 

また、自己分析がしっかりできていることで、応募先が見つかった際の履歴書作りや面接対策に非常に役立ちます。

 

 

まずは

・転職したいと思った動機

・次の職場に求めるもの

・自分の強み、弱み

 

を棚卸することで、自ずと今後の方針が見えてくるはずです。

期限を決める

次に、いつから次の職場で働き始めたいかを決めます。

 

 

この場合は日にちというよりは、「○月開始」というような、大まかな設定でOKです。

 

 

希望の開始月を決めることで、現在の職場の退職日や引き継ぎ、面接を受ける時期のイメージがつくでしょう。

 

 

期間は、最低でも3か月は確保した方が良いですね。

 

 

理由としては、あまりにも短期間で設定してしまうと、期限が迫った際に焦ってしまい、転職活動に妥協が出てしまったり、精神的に追い詰められたりしてしまう可能性があるからです。

 

 

また、あなたがどのように転職先を探したいかによっても大きく異なるでしょう。

 

 

時間をかけてもいいからじっくり探したい場合もあれば、緊急を要する場合もあります。

 

 

期限や転職活動のスタイルについても、自己分析ができていれば導き出されるはずです。

情報収集、応募

自分の行動指針や転職の期限が決まったら、転職先の情報を集め、応募していきます。

 

 

情報収集の手段としては、ハローワークや転職サイト、転職エージェントなど、様々な方法がありますが、可能であればなるべく多くの手段を組み合わせる方が良いです。

 

 

なぜなら、その分多くの企業情報に触れることができるからです。

 

 

とても単純な理由ではあるが、転職先の候補は1社でも多いに越したことはありません。

 

 

特に、転職エージェントで扱う求人の約8割は非公開求人であるため、利用しないのは勿体ないです。

 

 

転職エージェントの利用に関しては、転職エージェントのオフィスを訪問する必要があったり、サービス提供の都合上少々忙しくなる可能性もあったりするといった点もありますが、利用して「合わない」と感じたらやめてもいいのです。

 

 

転職エージェントや転職サイトの利用は基本的に無料です。

 

 

そのため、登録して損することはないありません。

 

登録すれば、スマホでも企業情報を見ることができるため、通勤や待ち時間を有効活用することもできますよ。

悩める女子
おすすめの転職サイトと転職エージェントはこっちで紹介しています

働きながら転職活動を行う際の注意点

働きながら転職活動を行う際の注意点は、以下の通りです。

・現在の職場で引きとめに合っても応じないこと

・体調不良などがある場合は退職を優先すること

プリン
一つずつ解説していきます

現在の職場で引きとめに合っても応じないこと

ブラック企業や人手が不足している職場では、執拗な引きとめにあったり、退職に関する話し合いがなかなか進まなかったりする場合もあるでしょう。

 

 

辞める手前もあり、引きとめられると非常に心苦しいものですよね。

 

 

ですが、「申し訳ないからもう少しだけ期限を延ばそう…」と、職場の言いなりになるのは好ましくありません。

 

 

もちろん、「次の職場が決まったから今日で辞めます」というような自分勝手な振る舞いはNGですが、

 

あなたが退職までの引き継ぎ期間を設けているにも関わらず、退職を認めてくれなかったり、恫喝されたりする場合は、きっぱりと断るべきです。

 

 

転職活動を本格的に開始する前に、現在の職場をすんなり退職できそうかどうか、それとなく探りを入れておくのも良いでしょう。

 

 

いざという時に辞めさせてもらえないとなってしまっては、心理的負担も大きくなってしまいます。

 

 

もし、現在の職場が、一筋縄ではいかないようであれば、退職代行を利用するのも一つの手段です。

 

費用は掛かりますが、退職に関する職場とのやり取りを引き受けてもらえるため、状況によっては非常に有効でしょう。

体調不良などがある場合は退職を優先すること

一番大切なのは、あなた自身の健康です。

 

 

現在の職場に行くだけで吐き気がしたり、残業が多すぎて転職先のことを考える心理的余裕が無かったりする場合は、無理に同時並行させる必要はありません。

 

 

むしろ判断力が低下して、自己分析や企業研究がスムーズにいかないことも考えられます。

 

 

また、一刻も早く辞めるべき職場に勤めている場合は、同じ過ちを繰り返さないためにも、転職活動は入念に行う必要があります。

 

 

現状心身の状態が優れないと感じている場合は、無理せずまずは身体を休めることを最優先に考えるべきですね。 

まとめ

・転職を考えたら、まずは自己分析をする

・次に、転職活動における期限を決める

・自己分析、期限が決まったら企業研究や応募を開始する

・今の職場で引きとめにあっても応じないこと

・体調が優れない場合などは無理せず退職を最優先にする

 

 

一日の大半を職場で過ごすため、「仕事が辛いけど辞めたらお金が…」と悩みながら働くのは非常に辛いでしょう。

 

 

転職活動は大変そうなイメージがあるかもしれませんが、手順が分かれば働きながらでも充分可能です。

 

 

その上転職活動を開始すれば「出口」が見え、今の仕事も頑張れるメリットもあるのです。

 

 

転職活動において一番大切なのは、「あなたの軸」です。

 

 

これがなければ、その後の行動もブレてしまい、良い結果は得られません。

 

 

年齢やライフステージによっても多少の変化はあるため、この機会に棚卸を行って納得いく転職をしてもらえれたらと思います。

Twitterでフォローしよう