事務仕事が合わないと感じたら試すべき2つの方法とは?

事務職は安定した仕事であり、簡単な仕事というイメージを持つ人も多く、特に女性から人気のある職種の一つ。

 

 

ですが、どのような仕事にも向き不向きはあるもので、合わない人からしたら、苦痛でしかありません。

 

 

この記事では、事務仕事が合わなくて辛い人へ、事務職に求められるスキルと、合わないと感じた時の対処法について紹介します。

 

仕事は一日の大半を占めます。

 

 

自分の能力を無駄にしないためにも、対処法を知ることが大切です。

 

【こんな悩める会社員へ】

・事務の仕事が合わないと感じている

 

・自分に合った仕事がよく分からない

 

・努力しても事務仕事に対して意欲がわかない

事務仕事が合わないと感じたらどうするべきか

実際に事務仕事をやってみて合わないと感じたら、まず下記方法を試してください。

 

・業務のどのような点が苦手に感じたのか

・他己分析を活用する

 

プリン
一つずつ解説していきます

業務のどのような点が苦手に感じたのか

今行っている業務を全て洗い出し、「嫌だな」と感じる業務と、その原因を分析することで、自分の得手不得手が見えやすくなります。

 

 

たとえば「ルーティン業務がどうしても苦手」なのであれば、事務仕事よりは変化の多い営業や接客といった仕事の方がストレスを減らせる可能性があります。

 

 

もし、原因が「人間関係」だった場合は慎重に考える必要がありますよ。

 

 

なぜなら「特定の人が苦手」なのか「事務仕事ならではの人間関係」なのかどうか見極める必要があるからです。

 

 

「事務仕事ならではの人間関係」とは、周囲と連携して仕事を進める業務の特性上、周囲と足並みをそろえることが求められる点。

 

 

ですが同じ事務職でも業界や企業によって特色が異なります。

 

 

今の職場が合わないと感じても、別の業界の場合は合う可能性もあるため、今の職場が合わないからといって事務職が合わないとすぐに結論づけるのは早いでしょう。

 

 

そのため、現在感じている不満がどこにあるのかについてしっかり考える必要があります。

 

他己分析を活用する

自分に向いている仕事が分からなくなった時は、他人に評価してもらうことで意外な発見ができることもあります。

 

 

自己分析は多くの人が行っていると思いますが、どうしても主観的になってしまいます。

 

一方、他己分析では自分の理想に惑わされず、客観的に自分を知ることができます。

 

 

また、他人から見てもらうことで自分では気付かなかった強みや短所、自己評価とのズレを把握することができるため、必然的に向いている仕事も見えてくるはず。

 

 

私も、「事務仕事がやりたい=事務仕事が向いている」と思い込んでいたのですが、実際仕事でやりがいを感じる事が少ないことから「本当に自分のやりたいことは何なのか」と悩むようになりました。

 

 

その時に他己分析を取り入れた結果、同じ事務職でも、ある程度の裁量をもって働けることが自分にとって必要だということが分かったのです。

 

 

自分のことは分かっているようで意外と見えていない部分もあるため、迷ったらぜひ取り入れることをお勧めします。

 

事務仕事に必要なスキルとは?

事務仕事に向いているのはどういう人でしょうか。

 

 

事務仕事に求められるスキルは以下の通りで、これらが苦痛に感じなければ、事務仕事に向いていると言っていいでしょう。

・チームワーク

・細かい作業とその反復

・電話対応

・PCスキル

プリン
一つずつ解説していきます

チームワーク

事務仕事は、一つの業務を多人数で分担しているため、一人の作業が滞ってしまうと全体に影響が出ることもあります。

 

 

また担当者は、業務の一部分しか触れていないため、業務全体の流れが見えづらいもの。

 

 

そのため、物事全体の仕組みを理解し、「何のための業務なのか?」を納得したい人にとっては全体像が見えづらいと感じるでしょう。

 

 

また、事務職は基本的に終日オフィスにいるため、職場でストレスを感じても逃げ場がありません。

 

 

なので、輪を乱さないよう「忖度」や「協調性」といった面ばかりがフォーカスされがちになり、人によっては窮屈に感じてしまうのです。

 

細かい作業とその反復

事務仕事は細かい数字を扱う場面が多く、同じ業務を繰り返すことが多い特徴があります。

 

 

数値が1つでも間違っていたら、合うまでやり直しが必要なため、細かい作業が苦手な人にとっては辛く感じるでしょう。

 

 

また、資料作成の仕事においては、見る人が分かりやすいように、文字の配置やフォント、表記の仕方などへの配慮も求められるため

「分かればいいじゃないか」という人からすると、事務仕事に求められる細かさが面倒に感じてしまうのです。

 

 

こうした作業は、忍耐力はもちろん、長時間座り続けることも必要になるため、じっとしていられない人にはあまり向いていないといえます。

電話対応

事務は電話対応も多く、電話が苦手な人にとっては苦痛に感じるでしょう。

 

 

最近では家の固定電話が減少していることに伴い、知らない人からの電話対応に慣れていない人が増えているため、仕事中はなるべく電話には出たくないと考える人は多いようです。

 

 

また、自分の業務と並行しながら電話に出ることが必要なため、電話が多い職場では、自分のペースを保てないことにストレスに感じる人もいるでしょう。

 

PCスキル

事務仕事の大半はPC上で行うため、最低でもPCの基本動作程度の知識がないと厳しいでです。

 

 

以前私が勤めていた職場に、派遣で事務の人が入ってきたのですが、その人が驚異的なまでにPCが使えなかったんです。

 

 

PCの電源を入れてログインするところから教えるレベルだった人が、Excelを扱えなかったのは言うまでもありません。

 

 

ただ、初めから完璧にPCを使えなくても、業務で使用する機能だけ覚えてしまえば問題ないのですが、その人はメモも取らず、同じことを何度も周囲に聞いていたため、「覚える気がない」と評価されてしまいました。

 

 

結果的にその人は会社側から契約更新を見送られることとなったのです。

 

 

このようなケースは珍しいかもしれませんが、PC操作が苦手な人にとっては事務仕事は辛く感じるでしょう。

まとめ

・業務を分担して進める事務職では、周囲とうまくやっていくスキルが必要

・事務仕事は細かい作業の反復が多い

・電話対応も事務仕事のうちの一つ

・事務仕事のほとんどはPCを使用するため、せめて基本動作程度のスキルは必要

 

 

誰にでも向き不向きはあるため、もし今やっている事務の仕事が難しいと感じたとしても、落ち込むべきではありません。

 

 

事務ができない=仕事ができないわけではないからです。

 

 

ですが、一口に事務と言っても、業界によって求められるスキルや特色が大きく異なるため、自分が「どうしたいのか」に関する軸を把握しておくことは大切ですよ。

 

 

それらを踏まえた上で、自己分析と他己分析を活用すれば、同じ失敗を繰り返すことはないはずです。

Twitterでフォローしよう