完璧主義に向いてる仕事とは?長所を活かせる仕事10選を紹介

完璧主義者
あれもOKこれもOK。あ、誤字ってる直さなきゃ。あ、そういえばアレどうなってたっけ?

悩める女子
あの~そろそろ提出期限なんですけど…

完璧主義者
ちょっと待ってぇぇぇコッチも気になるぅぅうう!

プリン
ご苦労様です

完璧主義の人は、「高い成果にこだわる姿勢」や「細かい配慮ができる」点、「責任感が強い」といった点から、周囲から信頼を得やすいタイプです

 

 

ですが一方で、自分にも他人にも厳しいことから、疲れやすく、人間関係で苦労することも多々あります。

 

 

ここでは、完璧主義に向いている仕事・向いていない仕事と、完璧主義の特徴について紹介します。

 

 

完璧主義はデメリットもある反面メリットも多いです。

 

特徴の活かし方が分かれば、仕事のストレスを減らせるでしょう。 

【こんな悩める会社員へ】
・完璧主義を活かせる仕事に就きたい
・完璧主義をやめたいのにやめられず、疲れている
・周りにいる完璧主義の人について知りたい

プリン
↓転職に必須な「自分の強み・適正」を無料診断する方法はこちらです↓(別記事)

 完璧主義に向いている仕事とは?

完璧主義を活かせる仕事の特徴

完璧主義に向いている仕事は、以下の特徴のある仕事です。

・ある程度裁量のある仕事
一人で作業できる仕事
妥協しない仕事ぶりが評価される仕事
細かいチェックや配慮が必要とされる仕事

 

完璧主義の人は、自分が求める理想が高く、妥協をよしとしません。

 

 

そのためチームではなく、一人でもくもくと進められる仕事、そしてある程度裁量を持たせてもらえる仕事であれば大いに特性を活かすことができるでしょう。

 

 

また、物事に対するこだわりが強い傾向から、他の人では気付かないような点にも配慮できるため、丁寧かつ細やかな気配りが必要な仕事にも向いています。

完璧主義に向いている仕事例

完璧主義を活かせる仕事の一例としては以下の通りです。

・ITエンジニア

・プログラマー

・CGアニメーター

・経理

・税理士

・職人

・研究職

・品質管理

・警察

・制作

 

上記はあくまで一例ですが、これらに共通している点として、

「専門性の高い仕事」であることが言えます。

 

 

そしてどの仕事も完璧が求められる仕事です。

 

 

完璧にこだわらない人からすれば「ミスが許されない」仕事に対して強いプレッシャーを感じますが、

 

完璧主義の人にとっては

完璧主義者
当たり前じゃん?

 

の感覚でしょう。

 

 

完璧主義の人にとって妥協が許されない仕事は、業務上のストレスも比較的少ない上に、ミスをしないことが評価につながるため、大いに特性を活かせるはずです。

 

 

完璧主義に向いていない仕事6選

完璧主義の人に向いていない仕事は、以下の通りです。

・社会福祉士

・児童福祉士

・カウンセラー

・コールセンター

・ジムのトレーナー

・接客・販売

  

これらの仕事は、

・対人コミュニケーションの比重が高い

・相手の選択や気持ちを優先する

 

ことが共通しています。

 

 

完璧主義の人は、

・数値化できないこと

・曖昧な部分があること

・こだわりきれない部分があること

 

に対してモヤモヤを感じやすいです。

 

 

こういった仕事では、職務で関わる対象者やクライアントが主役となりますので、「何をどうするのか」を決めるのはあくまでも相手です。

 

 

そのため、自分のこだわりを捨てなければならない場面も多く、場合によっては持ち味を出すこと自体がNGとなりかねないため、かなりストレスとなってしまうでしょう。

 

 

また仕事内容とは別に、「職場の環境面」にも要注意です。

 

 

先ほどもお伝えした通り、完璧主義な人は「曖昧」、「数値化できない」、「こだわりきれない」ことにストレスを感じやすいです。

 

 

そのため、

・会社の方向性が合っていない

・評価基準が曖昧すぎる

・忖度や空気を読むことが重要視されている

 

といった要素が強い職場は避けた方が良いです。

 

 

例えば、会社の意向が「質より量」の場合、仕事内容が向いていたとしても、環境面が合わないことによってストレスを感じてしまいます。

 

 

職場の雰囲気を入社前に完璧に調べるのは難しいですが、業種ごとに特色があったり、面接で質問をすることで分かったりすることも多いので、できる限り入念に調べた上で決めることをおすすめします。

 

 

 

悩める女子
次は完璧主義の人の特徴についても教えてください

プリン
はいはーい

 完璧主義の特徴4つ

完璧主義の人の特徴は、以下の通りです。

・周囲の目を気にする
・こだわりが強い
・自分にも他人にも厳しい
・失敗が怖い

プリン
一つずつ解説していきます

周囲の目を気にする

完璧主義な人には自意識過剰な点があり、周囲の目や評価を気にしすぎる傾向があります。

 

 

自分の行いがいつも人に見られているような気がしており、周囲の評価に敏感なため「誰から見てもパーフェクトな成果」を追い求めるのです。

 

 

完璧の追求がプラスに働けば良いのですが、裏目に出てしまうと自分を追い込むこととなり、非常に疲れてしまう場合もあるでしょう。

 

 

私は周囲の目を気にしすぎることで、努力の方向性を誤ってしまうことがあります。

 

 

気付かないうちに「成果を出す」ことではなく、「周囲に評価される」ことを目的としてしまうことがあるのです。

 

こだわりが強い

完璧主義の人はこだわりが強く、自分が納得できるまで徹底的に頑張ることができる特徴があります。

 

 

細かいところまでこだわれるため、普通の人では気付けないような点にも気付くことができることも多いのです。

 

 

また、現状に満足することはないため、成長し続けることもできます

 

 

一方で、完璧主義の人は中途半端な状態やいい加減な状態に強いストレスを感じるでしょう。

 

 

そのため、ゴールを目指す上では不要な作業もないがしろにできず、他の人に比べて時間がかかってしまう場合もあるのです。

 

 

自分自身の理想実現のためにはどのような努力も惜しまず、高い集中力も持っていますが、ヒートアップしすぎないよう、時々意図的に集中を切らすことでバランスがとりやすくなるでしょう。

 

自分にも他人にも厳しい

完璧主義の人は自分に厳しいですが、周囲の人に対しても同じくらい厳しい傾向にあります。

 

 

それは、完璧主義の人には、「やって当たり前」の感覚が備わっているからで、それが自ずと周囲の人に対して

 

完璧主義者
これくらいできて当然だ

 

という要求に繋がるのです。

 

 

また、できない人や、やらない人を見ると「なぜできない/やらないのだろうか?」と不思議でなりません。

 

 

私も10代や20代の若い頃はプライドが高く、努力しない人に対して理解不能だったこともありました。

 

 

しかしある時、

古いプリン
他人への厳しさは理想の押し付けではないか?

 

と思うようになったことや、様々な失敗を経て考えを改めるようになりました。

 

 

今思えば若気の至りで、以前の自分を恥ずかしく思うのですが、

異なる考えを持つ他者に対して「意味が分からない」と、

理解しようとしなかったことで

多くの学びや刺激を受ける機会を逃してしまっていたのです

 

 

現在では「自分の見識をより広げるため」と、方向性を変えたことで、異なる考え方を面白く感じることができるようになっています。

 

失敗が怖い

完璧主義の人は、その名の通り、失敗を何よりも許せない性格です。

 

 

失敗や損失を出すことを極端に恐れるため、何かを始めるときは用意周到に準備をします。

 

 

また失敗を恐れることから、極度の心配性でもあるため、仕事はもちろん、普段の生活でも何度も何度もチェックすることを怠りません。

 

このような性格であるため、ミスした時はひどく落ち込みます。

 

完璧主義者
なぜ自分がミスを。あんなに準備したのに、どこで見逃したのだろうか

 

といったように自責の念にかられるのと同時に、

「周囲からどう思われているか」についても気になって仕方がなくなるのです。

 

 

私も完璧主義ゆえにたった一度の失敗でも、この世の終わりのように落ち込むことが何度もありました。

 

 

ですが、その場は「失敗は誰でもあるもの」と無理にでも割り切り、失敗した悔しさを糧に「同じ失敗は二度と繰り返さない」と固く誓うことで何とかやり過ごせるようになりました。

 

 

今でも失敗を怖いと思う気持ちはありますが、「失敗したときはこうする」といった保険を備えておくことで精神的な負担はかなり減らせますよ。

 

完璧主義者
失敗怖いよ~

まとめ

・完璧主義の人は、裁量があり、一人で作業できる仕事が向いている

・完璧を求められ、細かいチェックや配慮が必要な仕事も得意

・向いている仕事の具体例としてはITエンジニアや税理士など、専門性の高い仕事がよい

・完璧主義の人はこだわりが強いゆえに自分にも他者にも厳しい傾向がある

・完璧を求めるあまり、失敗を極端に恐れ、周囲の目も気にする性格である

 

 

完璧主義は、職人気質のような人でしょう。

 

 

理想に近づくための努力を惜しまず、それでいて決して満足することはないのです。

 

 

完璧主義は他の人と比べて疲れやすいため、

「何も考えない無の時間」を意識して作る

ことでリセットできます。

 

 

また、行き詰ったときには

「自分の100点は他人にとっても100点なのか?」

といったことや

「人生なんて想定どおりにいかないもの」

と開き直ることも大切です。

 

 

完璧主義は、マイナスな点に目がいきがちだが、活かし方が分かればプラスに変えられるので、あなたに合った活かし方を見つけてもらえたらと思います。

プリン
↓転職に必須な「自分の強み・適正」を無料診断する方法はこちらです↓(別記事)

Twitterでフォローしよう