無口な人に向いてる仕事

仕事では、多かれ少なかれ様々な年代や思想を持った人とのコミュニケーションが必要とされることから、無口な人にとっては苦痛に感じる場面もあることでしょう。

 

この記事では、無口な人に向いてる仕事と避けた方が良い仕事について紹介します。

 

仕事によって求められるスキルだけではなく、醸成される人間関係も大きく異なるため、自分を活かせる仕事が分かればストレスを減らせるはずです。

 

【こんな悩める会社員へ】

・無口な性格を活かせる仕事を知りたい

・今の仕事と自分の無口な性格が合っていない気がしている

・無口な性格によって仕事で損をしていると感じており、自分に自信が持てない

プリン
↓転職に必須な「自分の強み・適正」を無料診断する方法はこちらです↓(別記事)

無口な人に向いてる仕事

無口な人に向いてる仕事は、以下の通りです。

・プログラマーなどIT関連

・運送業等のドライバー

・警備員

・職人

・イラストレーター、漫画家

・清掃業

プリン
一つずつ解説していきます

 

プログラマーなどIT関連

仕事ではPC作業がメインとなり、自分の仕事に集中できることから、無口な人に向いています。

 

専門的な知識が必要となる仕事ではあるが、会社で実務経験を積んで独立しやすいのがIT関連の仕事の大きなメリット。

 

またIT化が急速に進んでいる現代社会において、IT企業の存在感は非常に大きなものとなっており、同時に多くの人材が必要とされていることから、仕事探しでは困らないでしょう。

 

物流業等のドライバー

トラック等のドライバーも、人と関わることが少ない仕事の一つです。

 

運送業の場合は長距離の運転や重量に応じた免許が必要とされるが、車を運転することに抵抗がない人にとっては向いてるでしょう。

 

仕事の大半が運転となるため、上司や同僚などとの接触をかなり減らすことができるのが大きな特徴。

 

また、運送業は近年のニーズ増加によって人手不足となっていることから、転職しやすいメリットがあります。

 

警備員

必要以上に人とのコミュニケーションを求められる仕事ではないため、警備員の仕事も無口な人に向いています。

 

 

施設内の巡回や防犯カメラのチェックが中心となる仕事だが、一度仕事を覚えてしまえば一人で仕事ができる職場も多いため、対人ストレスが非常に少ないです。

 

 

ちなみ、私の無口な友人が輸送警備業に就いています。

 

 

以前仕事について話を聞いたところ、荷物の積みおろし作業で体力が必要とされる仕事ではあるが、人間関係が落ち着いており、給与・賞与がしっかりしている会社のため満足していると語っていました。

 

 

 

会社の規模が大きければ全国転勤がある仕事にはなりますが、

警備業界を選ぶ人が「対人ストレスの少なさ」を理由にしていることが多いため、

他の業界と比べてプライベートを詮索されるといった煩わしさが少ない仕事と言えるでしょう。

 

職人

作業工程が決まっていて、黙々と自分の職務に集中できる職人も、無口な人に向いています。

 

 

職人は、コミュニケーション能力や会話術といった面ではなく、個人の「技術」によって評価される職業であるため、自分の仕事に集中できる点も大きな特徴です。

 

 

職場での余計なおしゃべりが苦手な人にとっては落ち着いて仕事ができると言えます。

 

 

自分が興味のある分野で、失敗を繰り返しながら究めることに抵抗がない人にとっては非常に向いている仕事です。

 

イラストレーター、漫画家

絵を描くのが得意な人であれば、机に向かって黙々と行うクリエイティブな仕事は向いているでしょう。

 

 

仕事上、どうしてもクライアントや担当者との交渉や打ち合わせなどのやり取りが発生しますが、近年では全てweb上で完結できるスタイルも進んでいるため、他の仕事と比べて人との接触はかなり少ないです。

 

 

現在では、SNSの普及等によって個人で発表できる機会も大幅に増えていることから、様々なルートで仕事を得るチャンスがあり、会社で経験を積んだ後にフリーランスとして活躍することも可能です。

 

清掃業

軽作業を伴うものからビル管理に関する清掃まで、内容は多岐にわたりますが、清掃作業に集中できることが共通しているため、余計なコミュニケーションを必要とされない仕事だ。

 

 

公務員として採用される清掃作業員もあるため、より安定した環境を求める人は挑戦してみても良いでしょう。

 

 

自治体によって仕事内容が変わるため、興味のある人は住んでいる自治体の仕事内容や募集要項を確認して頂きたいです。

 

 

基本的に特別な資格が不要であることが多いですが、「ビルクリーニング技能士」という国家資格もあるため、資格取得によるキャリアアップも可能。

 

 

また、害虫駆除や消臭・消毒、遺品整理等といった特殊清掃員の業務は、できる人が限られていることから、他の清掃員と比べて給与が高い傾向があります。

 

 

近年では自然災害の増加や感染症による消毒や現場の腐敗物撤去といった作業へのニーズが高まっている点からも、長く活躍することができる職業の一つと言えるでしょう。

 

 無口な人が避けた方が良い仕事

無口な人が避けた方が良い仕事は、以下の通りです。

・接客、サービス

・銀行

・事務職(職場による)

・ジムのトレーナー

・教師

 

これらの仕事に共通しているのが、「不特定多数の人と話すこと」が求められる点です。

 

 

無口な人はたくさん人がいると疲れてしまうことが多いため、常に多くの人とのコミュニケーションを求められる接客・サービス業は避けた方が良いでしょう。

 

 

銀行の仕事は後方事務のみであれば接客はありませんが、銀行の後方事務も、事務職も、基本的に一つの業務を数名で分担して作業する性質上、どうしても細やかなコミュニケーションが求められます。

 

 

職場環境にもよりますが、仕事中の世間話などのコミュニケーションも大切な要素とされることが多いため、コミュニケーションに重きを置く職場環境の場合は合わない可能性が高いでしょう…。

 

 

ジムのトレーナーや教師は、自分が主体となって会員や生徒を引っ張っていくことや、相手の性格や悩みに合わせた対処が求められる仕事であるため、密なコミュニケーションが必要とされています。

 

 

また、会員や生徒との日常会話も非常に大切にされるため、たくさんの人と話すと疲れる人は避けた方が良い仕事です。

 

 

ただし、ジムのトレーナーや教師は、コミュニケーションをとる対象が会員や学校に通う生徒となるため、ジムや教室の規模によっては関わる人数が大きく変化します。

 

 

人に教えることが得意な人である場合、小規模や個人単位を対象とした方針の職場であれば大規模な職場と比べてストレスは少ないでしょう。

 

まとめ

・IT関連の仕事は需要が高く、PC作業メインであることから無口な人に向いている

・運送業のドライバーの仕事は運転が仕事の大半であるため、人との関わりはかなり少ない

・警備員の仕事も慣れれば一人で行える仕事が多いため、無口な人に向いている

・職人はコミュニケーションスキルではなく、自身の技術が評価される

・イラストレーターなどは自分の作業に集中でき、他者とのやりとりもwebで行える

・清掃業はニーズが高く、資格があればキャリアアップも可能

・接客や教師などの密なコミュニケーションが求められる仕事は避けた方が良い

 

無口な人は人との会話が苦手だったり、感情が出にくかったりすることから、周囲から誤解されることがあります。

 

 

また職場環境によっては「自分を表現した者勝ち」のような雰囲気の職場も存在するため、合わない職場だと仕事がとても辛く感じるでしょう。

 

 

ですが、仕事によって求められる人物が異なるため、あなたに向いている仕事を選べば、必然的に落ち着いて仕事ができる可能性が高まるはずです。

 

 

大切なのは、自分に合った仕事を見つけられるかどうかであるため、「向いていない」と諦めず、あなた自身を活かせる仕事を見つけてもらいたいです。

 

プリン
↓転職に必須な「自分の強み・適正」を無料診断する方法はこちらです↓(別記事)

Twitterでフォローしよう