人間関係が良好だけど仕事辞めたい時の決断方法とは?後悔しないためのポイント3つ

仕事の悩みは人それぞれで、仕事内容は良くても上司のパワハラが辛い人や、毎日残業ばかりで職場の雰囲気が殺伐としている人など、様々です。

 

中には人間関係は良好でも仕事でやりがいを見いだせないなどといった理由で仕事を辞めたいと悩んでいる人もいるでしょう。

 

この記事では、人間関係は良好でも仕事を辞めたい人へ向けた転職時の注意点について紹介します。

 

転職後に後悔しないよう参考にしてください。

【こんな悩める会社員へ】

・今の職場の人間関係に不満はないが、転職を考えている

・人間関係だけは良い今の職場を辞めて良いかどうか迷っている

・転職後に後悔しない心構えを知りたい

 

人間関係良好だけど仕事を辞めたいときの判断基準

今の職場の人間関係がいかに良くても、あなたが以下の要素を優先するのであれば、転職すべきです。

 

・給与(生涯賃金)

・仕事のやりがい、面白さ

・キャリア形成

・会社の将来が不安

・労働時間や職場環境に不満

 

転職に失敗する不安や、「職場の人に悪いな…。」と思ってしまって踏ん切りがつかないこともあるでしょう。

 

そのため、あなたの中の「優先順位」をしっかりと決めておく必要があります。

 

例えば今の職場のように人間関係が良好ではなくても、収入の大幅増加や仕事の面白さが見込めればそれで納得できるのかどうかといったことです。

 

全て理想通りの職場を見つけることは難しいため、どの職場でも多少の妥協は必要になってきます。

 

自分なりの指標があれば迷いを減らすことができるのです。

 

もちろん人間関係は仕事の良し悪しを決める大切な要素の一つであり、どんなに仕事が面白くても人間関係が悪ければ仕事で高い満足を得ることは難しいでしょう。

 

だが同時に、職場は仲良しクラブではなく、仕事における本来の目的は「良好な人間関係を築くこと」ではないはずです。

 

あなたが将来のキャリア形成や、やりたい仕事があるなどといった、明確な目的があるのであれば、

「人間関係は良いから」という理由で今の職場に留まり続けることは、将来的に大きなストレスになりかねないでしょう。

 

もしあなたの優先順位を考えた際に、

 

辞めたい人
仕事や待遇が良くても、人間関係が悪いのは辛いなぁ

 

と、感じるのであればそれも一つの答えです。

 

実際、職場の人間関係で悩んで転職する人は多いです。

 

後悔することのないよう、様々な角度から考えることをお勧めします。

 

人間関係が良好な職場を辞める際の注意点

人間関係が良好な職場を辞める際の注意点は、以下の通りです。

・今の職場が「居心地が良い理由」を分析する

・転職の目的は本当にあるのか?

プリン
一つずつ解説していきます

 

今の職場が「居心地が良い理由」を分析する

あなたが、人間関係が良好な職場を辞める際に、現在の職場の「居心地が良い理由」を分析しておくことをお勧めします。

 

「人間関係が良い職場」と一口に言っても、人によっては居心地があまり良くない場合もあるものです。

 

「良い人がたくさんいるから」ではなく、その「良い人」が具体的にどのような要素なのかを知ることが重要です。

 

社員の年齢層や部署の構成人数、社風や職場環境など、様々な要素があるでしょう。

 

あなたにとってどのような点が心地よいのか具体的に分析することで、転職先での人間関係の構築や、職場探しにおけるヒントとなるはずです。

 

転職の目的は本当にあるのか?

転職で最も避けるべきなのは「目的はないが、何となく辞めたい」という動機です。

 

そのため辞める際は

「なぜ転職したいのか」

「どのような働き方がしたいのか」

などといった、転職の動機を明確にしておくことが大切です。

 

何度も伝えていますが、人間関係を理由に転職する人はたくさんいます。

 

同じ仕事内容でも人間関係が良いから頑張れる、というケースは非常に多いため、明確な目的もなく人間関係の良い職場を辞めてしまうのは非常にもったいないかと。

 

その上「何となく」の理由では、面接時の動機付けに説得力を持たせることが難しく、運よく入社できたとしても、条件のミスマッチによって後悔する可能性が高いでしょう。

 

また、転職することで本当に「求めているものが叶うかどうか」を見極めることも大切です。

 

転職は、内定をもらうことがゴールではありません。

 

転職後に求めていた目的を果たすことができて初めて「転職成功」と言えるのです。

 

あなたにとって

・どのような会社が合っているのか

・転職先では本当に求めているものを手に入れられるのか

 

などをしっかり見極めることで転職後に「こんなはずじゃなかった…。」と、後悔することを減らせるはずです。

まとめ

・自分の目的>人間関係であれば転職すべきだが、慎重に考えたほうが良い

・転職する場合、今の職場が「居心地が良い理由」を分析しておくことで転職に役立つ

・転職の動機は非常に大切であるため、本当に必要な転職かどうかしっかり検討する

 

 

人間関係が良い職場の場合「職場の人に悪いなぁ。」と、遠慮してしまって転職をなかなか決心できないこともあるでしょう。

 

職場の人間関係で悩む人は多いため、あなたの職場はその観点ではとても恵まれていると言えます。

 

ですが人間関係以上に求めるものがあるのであれば、周囲の人に遠慮せずにあなたの目的を優先に考えるべきです。

 

また、転職先の情報収集や簡単に妥協しないことも同じくらい大切です。

 

あなたが仕事に求めるものを整理すれば、転職後に「これまでと違う悩み」が生じることを減らせるはずです。 

Twitterでフォローしよう