趣味と仕事を両立できる5つの職種とは?理想的な生活を手に入れよう

「自由に遊べるのは学生まで…」、そう諦めている社会人は多いです。

 

 

ですが、職場と家の往復だけの毎日では味気ないですし、ストレスや疲れも溜まってしまいます。

 

 

この記事では、趣味と仕事を両立できる職種と、趣味の時間を作るコツについて紹介します。

 

 

社会人になっても仕事選びと時間を作るコツが分かれば趣味を楽しむ時間は作れます。

 

 

本記事を読んであなたの理想的な生活を手に入れましょう。

【こんな悩める会社員へ】

・仕事ばかりで趣味を楽しむ時間がとれなくなり、ストレスがたまっている

・趣味も楽しめる職種を知りたい

・仕事ばかりの人生は嫌だ

 

趣味と仕事を両立できる職種5選

趣味と仕事を両立できる職種は、以下の通りです。

・公務員

・派遣社員

・フリーランス

・一般事務

・クリエイター

プリン
一つずつ解説していきます

 

公務員

給与や福利厚生など、待遇面で言えば他に勝るものなしの公務員です。

 

 

一般企業とは異なり、年齢制限があったり、試験があったりと、なるまでが大変な部分もありますが、その分の見返りは大きいです。

 

 

配属先の部署にもよりますが、公務員であれば安定した生活が得られますので、趣味を楽しむ時間と金銭的な余裕は作ることができます。

 

派遣社員

・転職したいけど、ブラック企業に当たるのが怖い

・プライベートの時間は譲れない!

という方は、派遣社員として働くのも一つの手段です。

 

 

かくいう私も、プライベートを最優先させたいがために過去に派遣社員として働いた経験があります。

 

 

もちろん残業ある・なしは企業にもよりますが、契約更新があるので万が一変な職場に当たってしまってもリカバリーが効くのが大きなメリットでしょう。

 

 

また、派遣社員は派遣先の組織に縛られないので、面倒ないざこざにも巻き込まれにくいので、そういった側面から見てもストレス少なく働くことができると感じています。

 

フリーランス

仕事も趣味も全て自由です。

 

 

独立できるだけのスキルをつけたり、活躍の場の土台ができたりするまでが大変ではありますが、会社に縛られず、生活全てをコントロールすることができるのは他の職種にはない大きなメリットです。

 

 

現在はSNSや動画サイト、クラウドソーシングなど、PRできる場は無限にありますので、まずは時間のある週末などに活動を始めてみて感覚やスキルを養うのも良いでしょう。

 

一般事務

一般事務では、恒常的に長時間労働させられるケースは稀ですので、仕事に慣れてしまえば、プライベートの時間を十分に確保できる仕事です。

 

 

ただし近年では正社員での一般事務の募集はかなり少なく、契約社員や派遣社員などの勤務が中心となる点には要注意です。

 

クリエイター

絵を描いたり、何かを作ったりするのが得意な人の場合、趣味を仕事にする方法もあります。

 

 

好きなものであればモチベーションは必然的に高まりますし、他の仕事に比べてストレスも少なくなるメリットがあります。

 

 

趣味を仕事にすることで、好きだったことが苦痛になってしまう場合もあります。

 

 

仕事は仕事、趣味は趣味、と割り切ることができる人であれば、趣味を活かせる仕事に就くことでより充実した生活になるでしょう。

 

趣味のための時間を作る2つのコツ

趣味のための時間を作るコツは、以下の通りです。

・朝早く起きる

・仕事で頑張りすぎない

プリン
一つずつ解説していきます

 

朝早く起きる

いわゆる「朝活」です。

 

 

皆さんも、やりたいことがあるのに、1日仕事をしたら疲れてしまって「明日でいいや。」と、なってしまった経験はあるでしょう。

 

 

私はマラソンが趣味なのですが、フルマラソンの記録を伸ばすためのトレーニングを仕事前の早朝に行うようにしたところ、無理なく続けられ、結果も出すことができました。

 

 

もちろんやりたいことをしっかりできているのでストレスも0です。

 

 

慣れている仕事だとしても、やはり疲れますし、急に残業になる場合もありますが、朝早く時間を作れば確実に自分のために使うことができます。

 

 

早朝の活動なのできることは限られてしまいますが、「どうしても時間が欲しい!」という方は一度試してみてください。

 

仕事で頑張りすぎない

仕事で疲れ切ってしまうと、定時で帰ることができても趣味を楽しむことができないので、仕事で100%の力を出し切らず、余力を残しておくことも大切です。

 

 

特に周囲に気を使いすぎてしまったり、優しすぎてしまったりする人の場合、頼まれたらついつい力を入れて頑張ってしまって疲れてしまいがちです。

 

 

どのような仕事でもある程度適当で良いものときっちりやるべきものがありますので、ちょうどいい「抜きどころ」を見つけるようにすると良いでしょう。

 

まとめ

・給与や福利厚生がしっかりしている公務員は、安定して仕事と趣味を両立できる

・派遣社員は職場選びや働き方を比較的自由に決めることができる

・仕事も趣味も自由なフリーランスでは生き方そのものをコントロールすることが可能

・一般事務で残業が非常に多いのは稀なため、仕事と趣味を両立しやすい

・何かを作るのが得意な場合、趣味を仕事にする手段もある

・早朝であれば残業や急な飲み会などに左右されず自分の時間を確保することができる

・仕事で頑張りすぎず、適度な抜きどころを見つけることで余力を残すことも大切

 

 

生きるために仕事は必要不可欠ではありますが、仕事ばかりではつまらないですし、やりたいことがあるのにできないのはとても辛いですよね。

 

 

あなたにとって仕事だけではなく、プライベートの充実も譲れないのであれば、仕事以外のことも楽しめる職種への転職も検討してみても良いでしょう。

 

 

また、今の仕事で残業になるのが読めない場合などは少し早起きして時間を作るのも有効です。

 

 

「社会人だから仕方ない…」と諦めず、時間を確保するための行動を起こすことであなたの理想の生活を手に入れることができるはずです。

Twitterでフォローしよう