仕事における得意なことの見つけ方とは?知られざる才能の見つけ方と伸ばす方法

仕事をするなら、自分の苦手なことよりも、得意なことを活かす方がより楽しく働くことができるでしょう。

 

 

ですが、自分の得意な事が見つからなかったり、仕事に直接結びつかなかったりして悩む人は多いものです。

 

 

ここでは、仕事での得意なことの見つけ方と、得意を伸ばす方法について紹介します。

 

 

得意なことが分かれば、仕事選びはもちろん、仕事のやりがいにも繋がるはずです。

【こんな悩める会社員へ】
・自分の得意な事が分からない
・得意なことを仕事に活かす方法を知りたい
・得意なことを知って仕事にやりがいを見出したい

得意な仕事の見つけ方4つ

得意なことの見つけ方は、以下の通りです。

・周囲の人に聞いてみる

・周りから褒められたことを思い出す

・新しいことに挑戦してみる

・苦にならないことや、人より時間をかけずにできること

プリン
一つずつ解説していきます

周囲の人に聞いてみる

灯台下暗しとはよく言ったもので、自分のことは分かっているようで、分かっていないことも多いものです。

 

 

自分のことがよく分からない場合は、親しい友人や家族など、周囲の人の意見を聞いてみることをお勧めします。

 

 

聞く相手は、できる限りあなたの普段の行動を良く知っている人が良いです。

 

 

そうすることで、より具体的な返答を得られるはずです。

 

 

この方法は非常に手っ取り早く、また、客観的な意見となることから、新しい発見の可能性があるでしょう。

周りから褒められたことを思い出す

人に褒められるということは、人より優れているということです。

 

 

つまり、今まで周りから褒められた経験を思い出すことで、得意なことの手がかりとなるのです。

 

 

褒められたことの一つ一つは些細なことかもしれません。

 

 

ですが、今まで褒められたことを書き出すことで、それらの共通点や、自分の得意とする分野が見えてきますよ。

 

 

少なくとも、上手くできていないことに対して「凄い」といった褒め言葉は使わないため、振り返る価値はあります。

新しいことに挑戦してみる

大人になると、自分に使える時間が限られてくるということもあり、新しいことに挑戦する機会が減ってきますよね。

 

 

ですが、未経験の経験にこそ、自分の知られざする得意分野があるかもしれないのです。

 

 

少なくとも、未経験の時点で「無い」とは言い切れませんよね。

 

 

年齢を重ねるにつれ、新しいことへの挑戦はハードルが上がるものですが、挑戦前から決めつけてしまうのはあまりにも勿体ないです。

 

 

何か始める時は、以前から興味があったものがあれば良いのですが、

特に無い場合は、いつも行っていることとは全く畑違いのことが良いでしょう。

 

 

挑戦してみて「好き」や「苦手」が分かれば、それだけで一つの発見です。

 

 

また、新しいことへの挑戦は、脳へのいい刺激となり、経験するだけでも話題のネタにもなり得るため、決して無駄になることはありません。

苦にならないことや、人より時間をかけずにできること

自分が得意とすることは、苦も無くできることが多いため、「できて当たり前」と感じていることが多いです。

 

 

あなたにとって「すぐできて当たり前」でも、他の人からしたら「とても骨が折れる」ことかもしれないのです。

 

 

普段の生活や、仕事の際に「苦にならない作業」や「楽しくできる作業」は無いでしょうか?

 

 

「苦にならない」ことは、少なくとも「苦手なこと」ではないはず。

 

 

大きな分野を上げようとせず、苦も無くできることを思うままに書き出してみることで、ヒントを見つけることができるでしょう。

仕事で得意なことを伸ばす方法

得意なことを伸ばす方法は、以下の通りです。

・周囲にアピールする

・日常から意識してさらに伸ばす

・得意分野を活かした副業をやってみる

プリン
一つずつ解説していきます

周囲にアピールする

仕事上で得意なことを活かすためには、まず周囲の人にあなたの得意なことを知ってもらう必要があります。

 

 

どんなに素晴らしい才能を持っていても、周囲の人に気付いてもらえなければ、才能が無いも同然だからです。

 

 

周囲の人に知ってもらうことで、得意分野を活かせる仕事の依頼の増加や、新たな業務への挑戦の足掛かりとなることもあるでしょう。

 

 

ですが、アピールの際には周囲の人に「自慢」と誤解されないように注意したいところです。

 

 

嫌味にとられてしまっては逆効果となり、仕事を任せてもらえるどころか、チャンスが遠のいてしまう可能性があるため、何かの折に行動で示してみるなど、自然にアピールするのが良いでしょう。

 

日常から意識してさらに伸ばす

得意を活かすためには、才能をよりブラッシュアップすることも非常に重要です。

 

 

日ごろから意識して得意分野を磨いておくことで、より高みを目指すことができるはずです。

 

 

得意を伸ばすには、得意なことを活かす経験を積極的に積むことが一番の近道です。

 

 

例えば運動が得意な場合。

 

得意な運動自体のスキルを上げることはもちろん、食事やストレッチなどの、運動に付随する知識についても理解することで、得意分野全体をボトムアップすることができます。

 

 

また得意なことは、スタート時から周囲に対してアドバンテージを持っていることが多い上に、抵抗なく学ぶことができることも多いため、成長スピードも早いでしょう。

 

得意分野を活かした副業をやってみる

あなたの職場が副業可能な場合であれば、チャレンジしてみるのも有りです。

 

 

副業に挑戦する最大のメリットは、金銭が発生するシビアな世界で、より実践的な経験を積めること。

 

 

また、必ずしも今の職場では得意分野を活かすことができない場合もあるため、本業で安定した収入を得ながら、副業で趣味と実益を兼ねた活動をすることができるというメリットもあります。

 

 

自分の得意なことがお金になることで、自信ややりがいにも繋がります。

 

 

ゆくゆくは得意分野を活かした転職したいと考えている人にとっては、事前に確認できることで、転職後に「思ったのと違った」というような失敗のリスクは低くなるでしょう。

仕事の得意なことの見つけ方【まとめ】

・周囲の人に聞くことで、知られざる才能の発見の可能性がある

・周囲に褒められたことや、新しいことへの挑戦から得意が見つかることもある

・得なことは、苦労せずにできることや、やっていて楽しいことである

・得意なことが見つかったら、周囲にアピールする

・現状に甘んじることなく、得意分野を磨くことも大切

・得意を活かせる副業に挑戦することでより実践的な経験ができる

 

 

自分のことは、気付きにくい上に、過小評価してしまいがちです。

 

 

そのため、人から褒められても「自分はまだまだ…」と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

 

ですが人から褒められることは、確実に周囲と比べて得意です。

 

 

自分の可能性を高めるのは、間違いなくあなた自身であるため、何か一つでも得意なことがあれば、積極的に活かすための行動をとってもらいたいと思います。

 

 

そうすることで、得意分野のブラッシュアップはもちろん、新たな発見の可能性もあるのです。

Twitterでフォローしよう