なぜ仕事についていけない40代は今すぐ2つの選択肢を選ばなければならないのか?

40代の人
し、仕事についていけん…

 

 

40代と言えば、社会人としての円熟期に差し掛かる頃です。

 

 

順調に行っていれば、プレイヤーからマネージャーになっている人も多いでしょう。

 

 

ですが、あなたが「仕事についていけない…」と感じている40代の社会人ならば、早急に手を打たなければなりません。

 

 

何故なら、40代でパフォーマンス不全の人員は、

潜在的なリストラ候補になりやすいからです。

 

 

ここでは、あなたがとるべき選択肢について、経験も交えながら書いていきます。

【こんな悩める会社員へ】
・職責や職務内容についていけない
・経営方針についていけない
・モチベーションが上げられない

仕事についていけない40代の選択肢①自分を変えるor②働く場所を変える

今や70代まで現役を続けることを望まれる時代です。

 

 

40代はまだまだ惑いの多い年代であり、

上からは若造扱いされ、下からは突き上げられる

という中間管理職のような年代ですね。

 

 

その年代になって「仕事についていけない」と感じるのは、とても辛いことです。

 

 

家庭を持っている人もいるでしょう。

 

 

TVドラマのように、気に入らないからと辞表を叩きつける訳にもいきませんよね。

 

 

かといって、仕事に行けば、ついていけないことに劣等感を感じます。

 

 

あなたは今、我が身を擦り減らされるような思いをしているのではないでしょうか。

 

 

年齢と共に立場も上がり、キラキラしている同期などを見れば、劣等感に苛まれる日々。

 

 

空回りしている自覚はあっても、それを打破する方策さえ見つからず、途方に暮れる。

 

 

あなたは今、ターニングポイントに立っているのです。

 

どうしても耐えられないほどにつらいならば、その立場を降りることだって選択肢の一つ。

 

 

ですが、大事な選択をする前に、まずは立ち止まって深呼吸する時間が必要です。

 

あなたがいま立ち止まったのは、そのためだったのだと思って欲しいです。

 

 

まずは現状を正確に認識したうえで、選択肢を考えていきましょう。

 

 

あなたが直面している苦境は、大別して2つのパターンが考えられます。

 

 

下記の2パターンです。

パターン①努力や周囲への要請で何とかなりそうな場合

例えば、あと少しスキルを積めば何とかなりそうなことがボトルネックならば、あなたの努力で埋められます。

 

 

若い頃のような吸収力はなくても、あなたには経験という大きなアドバンテージがあるるのです。

 

 

今までの経験にそれを積めばいいのであれば、そこはあなたの努力次第で何とか出来るでしょう。

 

また、あなたが仕事を抱え込み過ぎている可能性も否定できません。

 

 

自分の担当業務を見直し、適切に振り直す、または振り直してもらうことで、全体の効率化も望めるでしょう。

 

 

当然の事ですが、仕事を抱え込み過ぎれば、パフォーマンスは落ちます。

 

 

仕事のクオリティを下げるくらいなら、適量にしてクオリティを確保すべきことは言うまでもないでしょう。

 

 

実は、私が引っかかったのはここなんです。

 

 

社会人歴も長くなり、出来ることも増え、「いいよ、いいよ」と仕事を請け負い過ぎた挙句に、一つ一つの仕事のクオリティが下がったのです。

 

プリン
結局は自分の信用を落とすことにもなり、「適量」という言葉の意味を思い知らされることになりましたね…

パターン②自分ではどうしようもない場合

社会人生活も長くなってくると、経営陣が変わることはよくありますよね。

 

 

経営方針が変わったり、評価制度や組織が変わったことで、

40代の人
ついていけない( ;∀;)

と感じる場合もあるのではないでしょうか。

 

 

私が働いたことのある会社では、経営のトップである社長が思い付きで様々なことを決めるため、現場は混乱を極めていました。

 

 

これは一介の会社員には、どうしようもないことです。

 

ちなみにその会社では、中間管理職がごっそりと退職していきました。

 

プリン
こういう場合は、転職の準備を始めるのが吉でしょう

40代におすすめの転職エージェントについては、後述しますね。

自分の商品価値を知ること(無料で知る方法有)

あなたは商品である

あなたという個人は、かけがえのないたった一つの人格です。

 

ですが、これから先の社会人としてのキャリアを真剣に考えるならば、まず自分を「商品」だと考えてみるのはどうでしょうか。

 

 

あなたが買い物をする時、品質がいいのにお値打ち価格の物を見たら、「安い!!」と手に取ることもあるでしょう。

 

 

転職という選択肢を選ぶのなら、あなたは市場に出荷される「商品」なのです。

 

商品である以上、価値がなければ買い手など現れるはずもありません。

 

 

買い手に向けてアピール出来るものはあるか、商品価値はあるのかを確認しておくことは必須です。

 

何が出来るのか
・どんなことが得意なのか
弱点は何か

プリン
せめて上記3点くらいは自分で把握しておきたいところですね

あなたのセールスポイントは何か

意外と自分のセールスポイントを自覚していない人は多いです。

 

 

MOSを持ってます!!

「語学スキルはこれくらいあって、実務経験は…」

 

 

と、スキルを売り込もうとする人は多いですが、そんなものはスキルシートに記載済みであり、先方も知っていること。

 

 

そこで問われるのは、あなたの人間としての売り込みどころです。

 

プリン
私のクライアントが転職した際にも、同じことを質問されていますよ

 

 

いかにも切れ者だろうなと思わせる部長に向かってクライアントが答えた言葉は、

 

「この外見から醸し出されている安心感です。どこで働いても、なぜか私を『お母さん』と呼んでしまう人が出てくるんですよね」

 

です。

 

 

その場は爆笑に包まれ、クライアントは無事に採用通知をもらったのです。

 

後で聞いた話によると、採用ポイントは「あの場で笑いを取りにいける度胸」だったそう。

 

 

日本人は自分のセールスポイントをアピールするのが下手なものだが、

 

スキルが同等の人材が居た場合、決め手となるのはあなたの人間力

 

であり、そこも含めたあなたの価値なのです

 

無料で自分の商品価値を知る方法

こちらのサイトでは、無料で登録し、いくつかの質問に回答をしていくだけで、自分の市場価値を数値化して把握することができます。

 

そのほか、自信のパーソナリティ診断やコンピテンシー診断も無料で出来るため、これから転職をする40代が自分を見つめなおすにはうってつけのサイトとなっているので、お勧めですよ。

 

一歩を踏み出す前にもう一度考える

 

あなたが置かれている状況は、どうあがいても変えられないでしょうか?

 

 

自分の努力はもちろんのこと、周囲に協力を仰ぐ、人事への相談、万策を尽くしたでしょうか?

 

 

出来る限りの手を尽くしても、どうにもならない。

 

これ以上留まることは、あなたにとって百害あって一利なしだ、というのであれば、転職も積極的な選択肢ですよ。

 

悩める女子
次に40代におすすめの転職エージェントについて解説しますね

40代におすすめの転職エージェントはここ!

悩める女子
転職エージェントって、検索しただけでもかなりの数がヒットするよね

転職したい人
結局、どこを使ったらいいんですか?

プリン
それはね

 

数あるサイトから自分に適したサイトやエージェントに登録していくわけですが、40代の転職が難しいのは、年齢制限と求人数にあります。

 

漠然とサイトに登録しているだけでは、転職などできません。

 

そこで数ある転職エージェントから、私のおすすめを書いていきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

【こんな悩める会社員へ】
・40代での転職に不安がある人
・自分のキャリアに自信のない人
・転職への明確なビジョンがまだない人

40代が転職エージェントを使うべき理由

最初から厳しいことを言うようですが、40代での転職は、20代・30代での転職に比べて、ハードルは格段に高くなっていることを、まず自覚しておきましょう。

 

 

理由はいくつかありますが、その中でも大きなものとしては、下記2点が挙げられます。

 

・年齢的にマネージャーもしくはその候補なので、ポジションが少ない
・まったくの新人として採用するには、リスクが高い

 

試しに転職サイトを見てみると、「若年層のキャリア形成のため」という理由で年齢制限を設けている企業も多いことが分かるのではないでしょうか。

 

 

「未経験者歓迎」と書いてあっても、実質的に未経験で書類が通るのは若い人です。

 

 

つまり、40代での転職を成功させようと思ったら、企業側の条件を察知して

 

「自分のキャリアがその条件に見合うか」

 

という逆算が出来なければならないのです。

 

人間、自分のことは案外分かっていないものです。

 

自分では思いもよらなかったところに適性があったりするのが、そのいい例ですね。

 

そこで、転職エージェントへの登録となるのです。

 

 

転職エージェントの利点は、案件の紹介はもちろん、提出書類のチェック、面接練習、面談などをすることで、あなたのいいところを見つけてくれるところにあります。

40代におすすめの転職エージェント2選

次に、転職エージェントへの登録となりますが、ここで注意しておきたいのが、「どこでもいい」というわけではないこと。

 

20代の転職実績が多いエージェントに登録しても、あなたへの紹介はまず回ってきません。

 

 

ならば、40代の実績が多いエージェントに登録しなければならないのです。

悩める女子
じゃあ、どのエージェントがいいの?

と思ったら、とりあえず下記2社を押さえましょう。

①リクルートエージェント


転職エージェントの最大手といっていい保有件数を誇ります。

 

 

業界を絞っていない場合は、まずここを見ておくべきでしょう。

 

 

特に他社で扱っていない案件も、リクルートならある場合が多いので、登録は必須です。

②dodaエージェントサービス

doda

自分で企業を探して応募する転職サイトと併用してエージェントサービスを利用できるため、フレキシブルに動ける利点があります。

大手2社に登録する理由

悩める女子
2社も登録するの?

 

と思うかもしれませんが、最低でもこの2社、だと考えていただければ。

 

 

上記に挙げた2社はいずれも大手であるため、求人が集まりやすいというのもありますが、中小のエージェントにありがちな

 

求人企業との癒着

 

が少ないのです。

 

 

実際、私は転職活動中に、小規模なエージェントからオファーをもらって面談をしたことがあるが、これが酷かったんですよね。

 

 

こちらの希望業種と異なる業種だったのはまだ許容範囲でも、希望年収がまったく合わない。

 

古いプリン
こちらの希望条件とは合わないので、辞退します

 

と言っても、帰らせてくれないという有様。

 

小規模エージェント
いえいえ、条件は僕が交渉しますから、あと10万はあがりますよ!! 社長とは懇意にしてるので

古いプリン
いえ、合わないので。そんな金額ではまったく見合いませんので

小規模エージェント
でも、今の年収からは上がりますよね?

古いプリン
私のキャリアシートはご覧になってるんですよね? 100万近く下がるんですが?

 

 

誰のキャリアシートと勘違いしたのかは知らないが、そんな不毛なやりとりの末、いい加減にしてくれと席を立ち、その場を後にしました。

 

 

もちろん、中小の転職エージェントが、すべていい加減だなんてことは決してありません。

 

 

特定の業界に強かったり、地元密着で実績を持っていたり、誠実に対応してくれる会社がほとんどです。

 

 

ですが、手始めに登録するエージェントとしては、残念ながら適していない、ということなのです。

 

手探りで転職活動を始めている場合は、大手から

 

その方が、おそらくあなたも安心して活動をしていけるはずです。

 

転職したい人
おすすめの転職サイト・転職エージェントについて更に詳しく知りたい人はこちらもどうぞ

40代の転職エージェント利用にあたって

ありのままで向き合う

さて、転職エージェントのサイトで登録を済ませたら、キャリアアドバイザーとの面談が入ってきます。

 

 

この時に気をつけたいことが、スキルやキャリアを良く見せようとしないことです。

 

 

40代になると、なかなかありのままの自分をさらけ出すのは難しいです。

 

 

相手との年齢差があると、その傾向は強くなります。

 

 

ですが、そこで自分を飾ってしまうと、後でつらくなるのは自分ですよ。

 

「自分のキャリアは大したことがないから」

「スキルもないし」

と、自分を卑下してしまうことが、一番よくないのです。

 

 

相手は、あなたを売り込んでくれる敏腕営業マンで、あなたは市場に出される商品だとしましょう。

 

 

店先に並べられた商品は、一見するととても綺麗で、商品説明も魅力的。

 

 

ですが、いざ買ってみたら、産地偽装されている上に性能も足りていない商品だったとしたら、あなたはクレームを入れたくならないでしょうか?

 

 

それと同じなんですね。

 

 

ささいな自尊心のために、後々トラブルを起こすくらいなら、開き直ってありのままの自分を、キャリアアドバイザーに見せてしまいましょう。

どう変わりたいのか、を考えておく

あなたが転職を考えるに至った理由は、きっとたくさんあるでしょう。

 

 

給与や労働条件、環境への不満、人間関係の破綻。

 

 

理由ならいくつも書き出せるのに、肝心な

「転職してどうなりたいのか」

について考えている人は、余り多くありません。

 

 

お決まりの「キャリアアップのため」という理由もいいのですが、

「では、具体的にどのようなキャリアプランをお考えですか?」と質問されたら、

言葉に詰まってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

 

漠然としていてもいい、高尚な理由でなくてもいい。

 

 

例えば、「給与を上げたい」「〇〇をやりたい」という理由でもいいのです。

 

 

今後のプランを具体的に考えられるキーワードをひとつ持って、キャリアアドバイザーとの面談に臨むべきです。

 

 

なぜなら、彼らと話すのは、あなたの今後のことだから。

 

 

あなた自身に見えていないものを、他人であるキャリアアドバイザーに理解できるはずもありません。

 

 

数社のキャリアアドバイザーと面談した時に私が一番強く感じたことが、キャリアアドバイザーとの相性は、

 

「共通認識を持てるか否か」です。

 

あなたが「〇〇をしたいから、転職を考えています」と言った時に、同じ方向を向いてくれるかどうか、ということですね。

 

 

あなたは、転職して、現状から何を変えたいのでしょう?

 

その認識を共有するためにも、今後について具体的な希望をいくつか用意して、面談に臨みましょう。

すべての条件を満たす転職は、存在しない

どうせ転職するなら、出来る限り良い条件で、と考えるのは当然のことですが、あなたがキャリアアドバイザーに示した条件すべてを満たす案件は、まず存在しません。

 

 

存在したとしても、「あなたがその案件に応募できるだけの条件を満たしているかどうか」が、今度は問題になってくるでしょう。

 

 

ですが、あなたが出した条件のうち、

「これは譲れない」というものを絞り込んでおくことで、ハードルは多少なりとも下げることができます。

 

 

条件はすべて提示しつつ、妥協できるものとできないものとを分けておけば、キャリアアドバイザー側としても案件の提示がしやすくなります。

 

 

紹介数が増えれば、書類通過の可能性も上げられるというわけですね。

 

 

条件を決めたら、妥協できるラインも同時に決めておきたいところです。

あなたに合った転職エージェントと出会うために

既に挙げた大手3社のキャリアアドバイザーとの面談を終えた時、

「自分と合いそうなのはあの人だなあ」という人が、きっと出てきます。

 

 

彼らは案件の紹介のみならず、求人企業へのキャリアシート送付や面接の調整等をし、面接対策や、提出書類の添削まで、あなたを全面的にバックアップしてくれる存在です。

 

 

ちなみに、こういうタイプは避けた方がいいというのが、下記のタイプ。

・あなたの話を最後まで聞かず、かぶせてくる人
・提案される案件が的外れな人
・会社の雰囲気などを聞いた時に、情報を持っていない

どうしても担当のキャリアアドバイザーと合わないようであれば変更も可能なので、そこは無理に合わせようとせず、素直に変更してもらった方が、転職に失敗する確率を下げられるはずです。

仕事についていけない40代の方へ【まとめ】

・ターニングポイントに立っている自覚を持つ

・自分の商品価値を知る

・転職という選択肢

・転職する場合は、まずは大手2社エージェントに登録する

・妥協も必要

・これから先の具体的なキャリアプランを持つ

 

 

仕事そのものが決定的に合わない場合、職場はただの地獄になってしまうでしょう。

 

無理をし続けて、これから先の人生を棒に振ってしまう可能性さえあります。

 

 

何も考えずにただ逃げるのではなく、「仕事についていけない」と自覚して立ち止まれた時点で、あなたは優秀なのです。

 

 

一歩を踏み出すにしても、留まることを選択するにしても、あなたがその状況に納得できなければ意味がありません。

 

仕事は、あなたの人生において不可欠なものではあるが、人生の目的ではないのです。

 

 

そこを履き違えなければ、あなたはきっとより良い日々を得られるはず。

 

 

最初に書いた通り、40代での転職にはなかなかの困難が伴います。

 

転職サイトだけではなく、転職エージェントを積極的に使うことは、転職成功への近道であると言えますね。

 

 

あなたが転職を決心するに至るまで、様々に思い悩んだであろうことは、想像に難くありません。

 

 

転職エージェントを上手く使えば、より充実したキャリアを築いて行ける会社に巡り合うことができるでしょう。

Twitterでフォローしよう