【4/23~最新版】総合支援資金と緊急小口資金の手続きと注意点【コロナ特例】

プリン
以前、住居確保給付金については説明しましたが
これと合わせて、昨今のコロナウイルスの影響から、
貸付の方も特例措置がされていることをご存じでしょうか。

社会福祉協議会の貸付ですよね?

総合支援資金と、緊急小口資金だっけ?
その通り、この2種類の貸付についてですが、
総合支援資金(生活支援費)については更に手続きが簡素化されるので、これを機に貸付についても解説していこうと思います。
基本的な概要は以下を参照してください。

令和2年4月23日からの総合支援資金(生活支援費)手続きの変更点

結論は以下の通りです
令和2年4月23日付
国から都道府県・政令指定都市・中核市・全国社会福祉協議会に対して以下の通り通知が発せられています。

 

貸付申請が増加している現状にかんがみ、基本的に自立相談支援事業等による支援を不要として貸付に向けた手続きを進めていただきたい。

~中略~

総合支援資金は、これまでは、自立相談支援事業等による支援を受けることを要件としてきたが、新型コロナウイルス感染症の状況等を踏まえ、基本的に自立相談支援事業等による支援を不要とする取扱いをすることも差し支えないこととしている。

 

具体的にどうなるの?

上に書いている通り、これまでは総合支援資金の貸付を受けようとすると、自立相談支援機関の支援を受けていなればなりませんでした。

 

具体的には、自立相談支援機関が発行する「プラン兼事業等利用申込書」(以下、プラン)をもって、社会福祉協議会に提出しなければならなかったのですが、それが省略される可能性があるのです。

「省略される可能性がある」っていうのはどういうことなんです?

国が言ってるんだから、それで決定なんじゃ?

プリン
これは公的機関あるあるなんですが…
上記事務連絡をもう一度よく見てください。
・~貸付に向けた手続きを進めていただきたい。

・~とする取扱いをすることも差し支えない~。

 

と、かなり曖昧な表現ではないでしょうか?

 

つまり、国が言っているのは、あくまで「お願い」レベルの話であり、強制力をもたせるものではないということです。

 

で、この事務連絡を受けて現場はかなり困難しています。

 

実際、私が以前勤めていた自立相談支援機関(証拠はこちら)の職員に問い合わせてみた結果が、こうです。

 

プリン
久しぶり~。プラン作らなくてよくなったんだって?良かったね

元同僚
いや~それが実は、まだ社協(社会福祉協議会)が対応してくれなくって…

プリン
え、どゆこと?

元同僚
まだ、市の社協レベルには、話が降りてきてないらしんだよ。「これから県社協に確認するから、ちょっと待ってほしい」って言われてて…

プリン
じゃあ今の時点では、プラン作らないと受け付けてくれないってこと?

元同僚
そゆことwいまだに「社協から先にこっち(自立相談支援機関)に行くように言われたんだけど~」っていう方がいっぱいるwカオスw

という状況なのです。

 

さすがに市民からしてもか~な~り煩わしいし、

プランを作成しようと思うと、聞き取りから書類作成を含めて1時間程度かかってしまうものなんです。

 

ホントは専門家から意見聞いて会議とかしないといけないんだからね!

 

自立相談支援機関の職員からすれば

元同僚
マジで社協早く対応しろYO。こっちは住居確保給付金の受付でいっぱいいっぱいなんだけど死にたい助けて
という話です。
※住居確保給付金のもらい方まとめはこちら

 

次第に、全国的に「プランは不要」という扱いで浸透していくとは思うのですが・・・

 

あなたがお住まいの社協によっては、他の自治体と比べて対応に誤差が生じるのは間違いないでしょう。

 

ちなみに、総合支援資金の延長にあたっては、自立相談支援機関への相談が必須要件となります。

 

延長時期がきたら社協から案内があるはずです。

補足

基本的に、「市社協が書類を揃えて⇒各都道府県社協に書類送付⇒各都道府県で審査・決定」

という流れになるため、

確かに「市社協単独でプラン無しでOKという判断をしたくない」という事情は理解できます。

 

よって、都道府県単位で対応スピードにずれが生じてくるものと推察します。

 

ちなみに私が元同僚に聞いた話だと、そこの社協は4月30日からプラン無しで対応してくれるそうです。

総合支援資金(生活支援費)を相談するときに注意点①

プリン
はい!ここで注意点です!

声デカっ

総合支援資金の手続きに行く場合は、

必ず事前に、お住まいの社会福祉協議会に

 

「自立相談支援機関に行かなくても手続きをしてもらえるか?」

 

を確認してから相談に行くようにしましょう。

 

お住まいの社会福祉協議会の連絡先については、

 

「○○市 社会福祉協議会」とかでググるorヤホるのが一番早いでしょう。

 

総合支援資金(生活支援費)を相談するときに注意点②

 

プリン
あー!もう一個注意点あるんだったー!

うるさい

自立相談支援機関によるプランが不要となるのは、

あくまで

「新型コロナウイルス特例貸付」

に該当する場合だけです。

 

失職・減収したのがコロナの影響ではない場合は、対象とならないので注意してください。

 

ちなみに貸付の全体像は以下の通りなので、見ておいてほしい。

【厚労省HP】パンフレット:一時的な資金の緊急貸付に関するご案内(日本語)

緊急小口資金はどうなるの?

じゃあ、緊急小口資金を借りるときも、自立相談支援機関に行かなくてもよくなるんですか?
緊急小口資金については、もともと自立相談支援機関での手続きは不要
直接、社会福祉協議会に行っていただいて問題ありません。

 

手続きに必要な書類は?

これからプランが不要になってくるっていうのは分かったけど、そもそも他にも書類がいるよね?何が必要なのかな?

 

基本的な書類としては

・本人確認書類

・住民票

・世帯の収入が分かるもの

・送金(借入を受ける)用の口座通帳orキャッシュカード

・償還(返済をする)用の口座通帳orキャッシュカード

 

となりますが、個人の状況などにより、異なる書類があると聞いているため、

事前に問い合わせるか、ホームページ等で確認するといいでしょう。

 

例えば、他に借金がある場合などは、返済状況が分かるものを求められたり。

緊急小口資金の場合は、要介護者がいたら増額されるため、介護保険証を求められたりします。

 

あと、印鑑は忘れずにね

さいごに

いま話題の
・緊急小口資金
・総合支援資金(生活支援費)
・住居確保給付金
これら3つについては、同時に受け取ることが可能です。
制度を上手く活用して、何とか苦しい状況を乗り切ってほしいと思います。

プリン
ちょっとコロナ滅ぼしてくる

逝ってらっしゃーい

Twitterでフォローしよう