短気な人に向いてる仕事とは?向いてる仕事の特徴と気が短い性格の改善策5つ

仕事では様々な人と関わることから、ストレスを感じる場面も多いですよね。

 

 

短気な人は、他の人と比べてイライラしやすい一方で、周囲の反応も気になることから、精神的に疲れやすいことが多いです。

 

 

 

この記事では、短気な人に向いてる仕事・向いていない仕事と、短気な性格を改善する方法について紹介します。

 

 

短気は損気とよく言われますが、自覚できていれば改善することが可能です。

 

 

あなたの性格に合った仕事を選び、仕事のストレスを減らしましょう。

 

 

【こんな悩める会社員へ】

・短気な人に向いてる仕事が知りたい

・今の職場でイライラすることが多いため、ストレスを減らせる仕事に就きたい

・短気な性格を改善したい

プリン
↓転職に必須な「自分の強み・適正」を無料診断する方法はこちらです↓(別記事)

短気な人に向いてる仕事

短気な人に向いてる仕事は、以下の通りです。

・webデザイナー

・webライター

・データ入力

・運転手

・工場のライン作業

・職人

・警備員

・清掃業

・在宅ワーク

 

 

これらの仕事に共通しているのは「一人でできる、もしくは人との関わりが少ない仕事である」という点です。

 

 

短気な人は、こだわりが強いため、他の人が自分と違うやり方や考え方をすることが受け入れがたいと感じる傾向があります。

 

 

信念を貫くことはとても素晴らしいことではありますが、チームワークが重視されるような職場では悪目立ちしてしまう場合もあり、物事が思うようにいかず、ストレスを感じやすいです。

 

 

ですが人との関わりが少ない、一人でできる仕事であれば、人間関係のわずらわしさから解放され、大幅にストレスを減らすことができるでしょう。

 

 

もちろん、webデザイナーや職人などのような仕事は、個人で開業できるスキルがつくまでは企業などで経験を積む期間が必須ではありますが、他の仕事と比べてチームワークが重視される仕事ではない分、ストレスの比重が少ないです。

 

 

短気な人の長所は、ストイックで信念が強い上にトラブル解決能力が他の人と比べて高い点です。

 

 

自己管理能力が高く、何事もきっちりと対応できるため、一人で仕事をすることに非常に向いています。

 

 

特に、自分の得意分野に関してはかなりのこだわりを発揮できますので、専門性の高い仕事かつ一人で完結できる仕事であればより能力を活かすことができるでしょう。

 

短気な人に向いていない仕事

短気な人に向いていない仕事は、以下の通りです。

・コールセンター

・事務

・接客業

・人事

・医療・介護関連

 

これらの仕事は、

・相手の意向に合わせることが大切

・チームで進める場面が多い

・不特定多数の人との関わりが多い

 

という特徴があります。

 

 

短気な人は本質的に真面目な人が多く、それゆえに自分の道理に合わないことがあるとイライラしてしまいます。

 

 

こうした仕事では、周囲と歩調を合わせることが大切になり、時にはあなたの「こうすべき」という理想にそぐわない結果となることも多くなるため、避けた方が良いです。

 

 

こだわりを持つことはとても大切なことではありますが、固執しすぎてしまうと人間関係に支障をきたしてしまう可能性がありますので、状況によっては譲歩する姿勢を見せることも大切です。

 

 

また短気な人の場合、時間や数字に追われすぎない、穏やかな職場を選ぶことをおすすめします。

 

 

理由としてはイライラの感情は、他者からの影響も非常に大きく、常に殺伐とした職場環境ではより怒りっぽくなってしまうためです。

 

 

私が以前働いていた職場は、毎日怒号が飛び交うような環境でした。

 

 

入社直後は「みんな言葉遣いが荒くて怖いなぁ。私は絶対染まらないように気を付けよう…」と、強く誓ったのですが、いつの間にか周囲の影響を受けて言葉遣いが悪くなり、常にイライラするようになってしまった経験があります。

 

 

その後穏やかな環境の職場へ転職してからは、「あの時のイライラは何だったんだろう」と不思議に思うほど、毎日穏やかな生活を送ることができています。

 

 

生きていく上で適度な怒りは必要ですが、イライラのし過ぎは確実に身体に悪影響をおよぼしてしまいますので、転職の際はぜひ職場環境にも注目してみてください。

短気な人の性格の改善策

短気な性格の改善策は、以下の通りです。

・アンガーマネジメント

・期待しない

・比較しない

・食生活を見直す

プリン
一つずつ解説していきます

 

アンガーマネジメント

アンガーマネジメントとは、自分や他人の「怒り」に振り回されず、「怒りと上手に付き合う」メソッドのことです。

 

 

1970年代にアメリカから始まり、現在では、研修に取り入れる企業も増加しています。

 

 

やり方はごく簡単で、

  • 「怒りは6秒我慢する」
  • 「不要な~すべきを手放す」
  • 「どうしようもないことは諦める」

の3つを実践するのです。

 

「怒りは6秒我慢する」

人間の怒りのピークは6秒間と言われており、その間怒りの衝動を我慢することで、怒りが爆発することをおさえることができるのです。

 

 

よく短気な人のことを「瞬間湯沸かし器」と表現することがありますが、的を射た表現だと感じています。

 

 

イライラするとその怒りを何かにぶつけたくなりますが、イラッとしたらまずは深呼吸をして時間を数えてみてください。

 

「不要な~すべきを手放す」

続いて②の「不要な~すべきを手放す」ですが、無意識のうちに「~であるべき」と、境界線をきっちり引いてしまうことで、「~であるべき」に該当しないもの全てが許せなくなってしまうのです。

 

 

例えば

・待ち合わせは5分前に来るべき

・エレベーターのボタンは左側に立っている人が押すべき

 

など、人によって大小さまざまな「すべき」を持っています。

 

 

こうした「すべき」の境界線を「~した方がよい」「~であったらありがたい」と、きっちりではなく、曖昧にし、「すべき」の対象を減らしてゆくことで、イライラを手放すことにつながるのです。

 

「どうしようもないことは諦める」

世の中には、いくら考えても自力での解決が難しかったり、どうしようもなかったりするものは数多くあります。

 

 

例えば、

 

・せっかくの休みなのになぜ台風が来るんだ!

・どうしてあの人は身体に悪いのにタバコばかり吸うんだろう

 

などといったことにイライラしても、天気や他人の行動は自分ではどうすることもできません。

 

こうした、「どうしようもないこと」を諦めることでも、イライラする機械を減らすことができます。

期待しない

短気な人に限らず、人がイライラする原因の一つに、「他人に期待を裏切られる」ことがあります。

 

 

例えば、

 

・コピー用紙がなくなったら補充してくれているはず

・雨が降ったから洗濯物をとり込んでくれているはず

 

 

など、相手が自分にとって理想的な行動をすることを「期待」し、現実でそうでなかった時に「どうしてやってくれないの!」と、イラッとしてしまうのです。

 

 

先にもお伝えしましたが、他人の行動や思考は自分でコントロールすることはできません。

 

 

つまり、期待しても必ずしもその通りに動いてくれるかどうかは分からないのです。

 

 

こうした「不確定要素」に期待してしまうと、自分も相手も苦しくなってしまいますので、「他人はあてにならない」、「やってくれてたらラッキー」程度に水準を下げておくとイライラする機会を減らすことができます。

 

比較しない

短気な人は、他の人と比べてストイックで、こだわりが強いです。

 

 

ですが、周囲に自分と同じ水準を求めてしまうと、「どうしてできないの?」と、イライラしてしまいます。

 

 

また逆に、自分にない優れた点を持っている人と自分を比べた時は、どうしても劣等感や嫉妬心を抱き、それが怒りに変化してしまう場合もあります。

 

 

人によって性格も違えば、生活環境や思想なども異なるのは当たり前です。

 

 

もともと異なる他人と自分を比較しても、「良い」、「悪い」と一概に決められるものでもなければ、人それぞれ長所と短所があるものです。

 

 

そのため、イライラを減らすためには、自分と他人を比較するのではなく、「自分は自分、他人は他人」と割り切ることが大切です。

 

食生活を見直す

よく「健康な身体はバランスの良い食事から」と言われますが、イライラを減らすためにもバランスの良い食事はとても大切です。

 

 

いつも同じ物ばかりや、コンビニやレトルト食品ばかりでは、身体に必要な栄養素が足りず、本来正常に機能していればイライラを軽減できるホルモンなどが欠乏したり、イライラを感じたときに身体を守る機能が働きにくくなってストレス耐性が落ちたりするのです。

 

 

ビタミンや糖質、ミネラルなど、様々な栄養素は相互に作用していますので、「これさえ食べればすぐに全ての問題が解決できる」というような食材や栄養素は存在しません。

 

 

そのため、「3食バランスの良い食事」が大切になってくるのです。

 

 

また、日々の積み重ねによって身体が作られますので、本当の意味で体質を変えるには、最低でも全ての細胞が入れ替わる3か月は必要となり、ある程度時間をかけることが大切です。

 

 

私は一人暮らしをしていた頃、酷い食生活を送っていたことで、体重増加はもちろんですが、メンタルがかなり不安定でした。

 

 

気分の浮き沈みが激しく、急に出かけるのが嫌になったり、急に他人に対してイライラしたり、自分で感情のコントロールが上手くできずに戸惑うことも多かったです。

 

 

それから、趣味で始めたスポーツをきっかけに食生活を見直したところ、少しずつメンタルの不調が改善され、今では自分の感情に振り回されることはかなり減りました。

 

 

毎日きっちり食事を作るのは大変ですので、ビタミンや鉄分などのサプリメントの併用もおすすめです。

 

 

また、今ではビタミンやたんぱく質が手軽に摂れるおやつなども売られていますので、そうしたものから始めてみるのも良いでしょう。

 

まとめ

・短気な人は「一人でできる、人との関わりが少ない」仕事が向いている

・アンガーマネジメントは怒りとコントロールして上手く付き合うためのメソッド

・他人に期待し、それが裏切られたときにイライラするため、過剰に期待しないことが大切

・人はそれぞれ考えや性格は違うため、「自分は自分、他人は他人」と割り切る

・良好な思考は良い食生活から。サプリメントなどを活用してバランスの良い食事を摂る

 

 

不特定多数の人と関わる仕事では、イライラする場面がとても多いです。

 

 

ですが、全てのこと・人にいちいち目くじらを立てていては身がもちませんし、あなたも相手も嫌な気持ちになってしまいます。

 

 

大切なのは、あなたの性質に合った仕事を見つけることとともに、イライラを上手くコントロールできるようになることです。

 

 

怒りの感情は不快ですから、イライラしないに越したことはありません。

 

 

今回紹介した方法はどれもすぐ実践できるものばかりですので、あなたの精神を良好に保つためにも、ぜひ取り入れてみてください。

 

プリン
↓転職に必須な「自分の強み・適正」を無料診断する方法はこちらです↓(別記事)

Twitterでフォローしよう