職業紹介責任者が厳選する、おすすめ転職エージェント5選+αを解説

転職したい人
誰かと相談しながら転職活動をしたいんだけど…

悩める女子
そんなときは転職エージェントだね!
でも、どこに登録したらいいのかな?

プリン
おすすめはこちらになりま~す
というわけで、今回はおすすめの転職エージェントを厳選してみました。
職業紹介責任者である私が、
それぞれのサービスの強み・特徴をまとめたので、
どこの転職エージェントを利用するか悩んでいる方は、参考にしてください。

リクルートエージェント

強み・特徴

リクルートエージェントは、数ある転職エージェントの中でもdodaと並んで最大手の一角を占めています。

 

もっとも大きな強みは、その案件数。

全国に支店があるリクルートグループの強みを最大限に生かし、全都道府県の案件を揃えています。

 

その案件数は、公開求人3万件、非公開求人20万件と圧倒的です。

 

年齢層も全年齢層をカバーしており、地域差によって案件数は偏るものの、全国で求人を持てるのは、リクルートならではと言えるでしょう。

 

特徴としては、エージェントの営業力の高さが挙げられます。

傾向としては短期決戦型のエージェントが多く、条件交渉にも強いタイプが多いこと。

 

支援としては、「面接力向上セミナー」「エージェントレポート」(応募企業の社風や選考の特徴など)、「Personal Desktop」という転職者の個人ページで、進捗状況を管理できます。 

こんな人におすすめ

求人数がとにかく多いため、次々に提案がやってきます。

 

こちらの希望とずれがある提案も含まれているため、内容の精査は重要ですが、非公開求人30万件は、やはり魅力的ですね。

 

転職エージェントとして、まず登録しておいて間違いはありません。

 

また、早めに転職を決めたい人にも、向いているエージェントです。

doda

doda

強み・特徴

dodaはリクルートエージェントと並ぶ最大手2社の1つ。

 

求人件数は10万件と、リクルートエージェントに次ぐ案件数を誇ります。

さらに、そのうち8割から9割が非公開求人。

 

非公開求人は、企業側の様々な理由で社名を公開していない案件だということを考えれば、企業との信頼関係が確立されているからこそ、と考えることができるでしょう。

 

doda転職サイトと転職エージェントが同サイト内で利用できるという点が、一番の特徴です。

 

自分で求人を探しつつ、専任のキャリアアドバイザーに相談もできるというのは、ユーザビリティの観点からも優秀です。

 

他の転職エージェントにも、同系列に転職サイトを持っているエージェントは多いが、双方を1つのサイト内で利用できるサービスは、私はdoda以外に知りません。

 

dodaだけのオリジナリティだと言えるでしょう。

 

最大の強みと言える求人数に加えて、特徴的なのが面接対策の丁寧さです。

 

面接対策は、どの転職エージェントでも力を入れている部分ですが、特にdodaに関しては面接対策の丁寧さが評判にのぼっています。

 

一時的な面接対策ではなく、面接に臨む姿勢や受け答え、望まれる人材の在り方まで指導してくれるエージェントは、なかなかいないものですよ。

 

また、ャリアアドバイザーの質の良さも、dodaの強みです。

 

転職エージェントを利用するにあたって、最も重要なのがキャリアアドバイザーとの相性。

相性が悪いと、転職活動そのものが頓挫する可能性もあります。

 

dodaの場合は業種・職種ごとのエキスパートが担当してくれるため、その点の齟齬が発生しづらいと言えるでしょう。 

こんな人におすすめ

転職エージェントとしても転職サイトとしても使えるため、転職を考えている人ならば登録必須です。

特に、幅広い業種で転職先を探したい人に向いているでしょう。

 

マイナビエージェント

強み・特徴

マイナビエージェントは、20代から30代の転職に強く、登録者の70%近くが20代という転職エージェントです。

 

最大の特徴は、年齢層を20代から30代に絞っている点ですね。

 

対象エリアは一応全国となっていますが、保有案件数などで見ると、大手2(リクルートエージェント・doda)には劣ります。

 

特に20代に支持されている理由としては、応募書類の添削指導が丁寧で、サポートも手厚い点にあるでしょう。

 

20代の若年者層は、社会人経験の浅さから、書類の書き方が下手な人が多いです。

 

まずは書類選考を通過しなければ、いくら面接指導をしても意味がないため、まずは応募書類の添削指導に力を入れているのですね。

 

その結果、マイナビエージェントの利用者は書類選考の突破率が高いと言われるに至っているのです。

 

また、求人の質についても、首都圏エリアと関西エリアに良質なものが多く揃っています。

 

実績例を見ても、サイバーエージェントやDeNA、関西ではPanasonicなど、若年者層に人気のある企業との繋がりが多いことがわかります。

 

もう1つの特徴として、サポート期限が挙げられます。

 

他エージェントの場合、3ヵ月間など期限が決められているサービスが多い中で、マイナビエージェントでは無期限で転職サポートが受けられる。

 

これは恐らく対象年齢層が20代から30代、中心年代層が20代であるがゆえのサービスだろうと推測できます。

 

というのも、20代で転職するのは簡単そうに見えて、経験の浅さが足を引っ張ることも多いからです。

 

書類は突破できるのに、面接で落とされることが多いのも、実はこの年齢層です。

 

そういった意味でも、マイナビエージェントのサポート期間が無期限というのは、若年者層の転職希望者にとっては心強いと言えるのではないでしょうか。

こんな人におすすめ

30代もフォロー対象に入っているとはいえ、ターゲットの中心層は20代・第二新卒でしょう。

 

通常のキャリアアドバイザーに加え、各業界ごとの専任アドバイザーもつくという点を考えると、転職活動に不慣れな人にとっても向いているエージェントであると言えます。

JACリクルートメント

強み・特徴

JACリクルートメントは、イギリス発祥の大手転職エージェントです。

 

現在は、日本も含めてアジア10か国(韓国・中国・香港・タイ・ベトナム・マレーシア・シンガポール・インドネシア・インド)に拠点を置いて、グローバル展開している転職エージェントです。

 

日本国内では、年収600万円以上のハイキャリア向け求人を多く取り扱っており、ミドル層(30代から40)の転職エージェントとしては、国内他社よりも高い満足度を獲得しています。

 

JACリクルートメントの最大の特徴と言えば、やはりアドバイザーの立ち位置でしょう。

 

他社の場合、キャリアアドバイザーは、求人企業と直コンタクトを取ることはありません。

つまり、営業担当とキャリアアドバイザーは別なのです。

 

ところが、JACリクルートメントの場合は違います。

 

アドバイザーが自ら求人企業とコンタクトを取っているため、求人内容や求める人物像のみならず、社内の雰囲気や社風など、転職希望者が知りたい情報を一次情報として持っているのです。

 

これは他社にはないサービスであり、転職希望者にとっては嬉しい情報ですね。

 

アドバイザーが直接企業とやりとりすることによって、より実情に近い情報が得られるのは、転職希望者と企業の認識との間で齟齬が生まれにくいという意味でも有益です。

 

また、JACリクルートメントは、その成り立ちそのものが外資系であることもあり、外資系・金融系企業の転職に強みがあります。

 

外資系の企業は、即戦力となり得る、能力の高い人材に対して報酬を惜しまない傾向があります。

 

ハイキャリアな人にとっては、年収の大幅アップも狙え、海外勤務の可能性も含めて魅力的な求人も多いでしょう。 

こんな人におすすめ

管理職・ハイキャリア層の中で、さらなるキャリアアップを図るのであれば、登録必須のエージェントです。

 

また、海外志向の人にとっても、チャンスは多いと言えるでしょう。

ウズキャリ

強み・特徴

ウズキャリは、2012年創業のベンチャー企業で、既卒・フリーター・第二新卒に対象を特化した転職支援サービスです。

 

ウズキャリの特徴は、何と言っても手厚いマンツーマン式のカウンセラーサポートにあります。

 

平均20時間は、転職希望者との面談時間を設けるという謳い文句に偽りはなく、何度でも欠点が直るまで面接対策をしてくれるサポートの手厚さは、大手エージェントでは望むべくもありません。

 

その手厚さの理由として、キャリアアドバイザー自身がかつて第二新卒や既卒だったため、転職希望者(就職希望者)の目線に立てるという点が挙げられます。

 

職歴のない・または少ない転職希望者にとって、似たような経験をしているキャリアアドバイザーから受けるサポートは、何より心強いと言えるでしょう。

 

そして、まだ成長途中の企業ではありますが、確固たるポリシーを持っているのも特徴です。

 

例えば、ブラック企業を徹底的に排除するための独自基準を持ち、利用者の離職率を下げるという取り組み。

 

もちろん、他の大手エージェントでもブラック企業の排除はしているのですが、実情を鑑みると、ブラック企業だとわかっている案件を利用者に押し付けてくるキャリアアドバイザーも一定数存在するのが現状なんです…。

 

ウズキャリがそこを徹底的に行えるのは、ベンチャー企業ならでは。

 

実際、定着率は94.6%と高く、効果が上がっていると見ていいでしょう。

 

ただ、ベンチャー企業であるため、保有求人数は少ないです。

 

特にIT系に求人が偏っている傾向があり、事務職希望の場合は転職(就職)が難しい場合もあるようです。 

こんな人におすすめ

第二新卒の転職希望者にも対応していますが、実績としては既卒転職者の方が高く、得意分野は既卒の方だと考えられます。

 

既卒・フリーターで職歴のない人の方が、向いているサービスです。

 

 

おまけ:ゲキサポ!

強み・特徴

転職エージェントとは違いますが、こちらも紹介させてください。

 

ゲキサポは、求人を紹介するサービスではありません。

「転職したいと考えている人のサポートを、有料で徹底的に行う」転職サービスです。

 

・ライトプラン(4週間165千円)

・スタンダードプラン(33万円)

という高額設定は、覚悟を決めて転職に臨むためとされており、従来の転職エージェントとは全く異なるサービスを提供しています。

 

無料相談を経て、実際にサービスが開始されると、専属トレーナーがつきます。

 

週に一度、60分の対面トレーニングによって、面接対策を徹底的に行うのです。

 

また、LINEでの相談も随時受け付けており、回数制限もありません。

 

ストレングスファインダー(アメリカのギャラップ社で開発された、177問の設問に答えることで、34種類の資質の中から最も当てはまる5つの資質を知ることができるツール)

を利用して、さらに深堀していく自己分析が、利用者の支持を集めています。

 

アドバイザーの質も高く、様々なキャリアを積んだ人が揃っており、他の転職エージェントを利用して、外れのキャリアアドバイザーに当たってしまった人にとっては、頼りになる存在となるでしょう。

 

そもそも、ゲキサポは最初に書いた通り、求人を紹介するサービスではありません。

 

向き合う相手が転職希望者である点は同じでも、転職エージェントとは真逆と言っていい性質のサービスなのです。

 

ゲキサポが最終的に目指すものは、利用者が自分の特性を理解し、今後のキャリア形成を考えていける姿勢を1ヶ月ないしは2ヵ月で作ることです。

 

利用者側に問われているのは、転職への意欲と自分のキャリアに対する意識を変えるために、自分への投資が出来るか否かというところだと言えます。 

こんな人におすすめ

自分が何をしたいのか、どうなりたいのか、具体的なプランを描けないものの、転職を契機にしたいと考えている人であれば、利用する価値は十分にあります。

 

単純に手厚い転職サポートを期待するのであれば、他の転職エージェントを利用した方がいいでしょう。

まとめ

以上、おすすめの転職エージェント5つと、ゲキサポを紹介しました。

 

・リクルートエージェント

・doda

・マイナビエージェント

・JACリクリートメント

・ウズキャリ

・ゲキサポ!

 

それぞれに特徴があるので、自分に合った転職エージェントに登録してみてくださいね。

 

Twitterでフォローしよう