転職はブランクの言い訳が肝!前向きに伝える方法とポイントを紹介!

転職したい人
転職時にブランクがあると、採用でマイナスになるのかな?

悩める女子
なにか良い言い訳があればいいんだけど…

 

と不安に感じ、転職活動に対して消極的になってしまう人も多いでしょう。

 

 

ここでは、転職でブランクがあるときの言い訳の仕方と、伝え方のポイントについて紹介します。

 

プリン
残念ながら、ブランク期間を気にする企業が多いのは事実です

 

ということは、その分上手く説明することが転職を成功させる上で非常に重要ということです。

 

 

ポイントを押さえれば、プラスの印象を与えられるはずです。

【こんな悩める会社員へ】
・ブランクがあることを、負い目に感じている
・再就職したいが、ブランクがあるため自信がもてない
・ブランクをプラスにかえる言い訳を知りたい

悩める女子
転職理由のポジティブな伝え方を知りたいあなたは、こっちも見てね

ブランク期間の言い訳のしかた4

ブランク期間を言い訳する項目は、以下の4点です。

・家庭の事情

・勉強

・自営業

・病気や怪我

プリン
一つずつ解説していきます

①家庭の事情

家族の介護や家業の手伝い、育児といった家庭の事情は有効な言い訳です。

 

 

家庭の問題に関しては、心情的に追求しづらい内容であり、

応募者自身に原因があるわけではないからです。

 

 

いずれの問題に関しても、「現在は問題がない」ことをしっかり伝えることが大切ですよ。

②勉強

プリン
ブランクがあっても、自分を高めるための期間であれば、採用側の印象は良くなります

 

例えば、資格取得や海外留学、職業訓練などですね。

 

 

職業訓練は、事務系からIT系といった幅広い知識を学ぶことができ、失業者を対象とした訓練校です。

 

 

資格取得や海外留学は目的がないと実現が難しいですが、職業訓練はハローワークで申し込めば無料で受講できます。

 

 

具体的な資格などが無い場合は、即戦力として活躍するための行動としてアピールしやすいでしょう。

 

 

ですが、自分を高めるための期間であったからこそ、

その期間でどれだけ成長できたかを伝えることが大切です。

 

 

ブランク期間の説明として勉強を挙げる場合は、

その期間で得られた具体的な成果を説明できるようにできれば企業側にとってプラスの印象になるはずです。

③自営業

ブランク期間に、自営業を行っていたのもプラスの印象を与えることができるでしょう。

 

 

独立は、一般的な会社員とは異なる大変さが伴うものですが、その分キャリアを積む上で非常に貴重な経験となります。

 

 

そのため、たとえブランク期間であったとしても、企業側にとっては非常に有能な人材として評価されるはずです。

 

 

企業によっては管理職などを任される可能性もあるため、転職において有利になることが多いと言えますね。

④病気や怪我

プリン
あなた自身の病気や怪我の療養も、正当性のある言い訳です

 

望んで怪我や病気になる人はいない上に、内容的にデリケートなため、企業側も強く指摘することはありません。

 

 

ですが、再発の可能性がある場合は、マイナスの印象となる可能性があるため、要注意です。

 

 

病気や怪我を理由として説明する場合は、現在は完治しており、担当医の許可を得ていることをしっかり説明するべきですね。

 伝える時のポイント3つ

ブランク期間を伝える際のポイントは、以下の通りです。

・ブランク期間が自分にとって意味があったことを伝える

・嘘を言うくらいなら正直に伝える

・堂々と伝える

プリン
一つずつ解説していきます

①ブランク期間が自分にとって意味があったことを伝える

企業側が気になっているのは、

ブランクの有無ではなく、

「ブランク期間にどのように過ごしていたのか」ということなんです。

 

 

そのため、ブランク期間中に「何をしたか」、「何を得られたのか」という点についてしっかり説明できれば納得してもらえるはずです。

 

プリン
逆に言えば、具体性に欠ける説明では、マイナスの印象となりかねません

 

そのため、ブランク期間が半年以上の長期に及ぶ場合は、応募する前に入念に準備することをお勧めします。

②嘘を言うくらいなら正直に伝える

採用担当者は、面接のエキスパートであり、大体の嘘は見抜かれます。

 

 

そのため、嘘をついて印象を悪くするくらいなら、思い切ってありのままの真実を伝える方が良いです。

 

 

ここで大切なのは、今後の明確なヴィジョンと応募先に対する熱意です。

 

 

特別何もしていなかったブランクは、正当な理由がある場合と比べれば不利。

 

しかし、今後「こうしたい」という仕事に対する思いと、「応募先でないとだめな理由」を伝えることができれば、マイナスをカバーすることができるでしょう。

 

 

また、ブランク期間に趣味に時間を費やしていたとしても、何かしら得られるものはあったはずです。

 

プリン
素直に「何もしていない」でも良いですが、何か得たものはなかったかどうか、今一度棚卸しはしておくべきです

 

③堂々と伝える

ブランク期間=ネガティブなイメージから、面接時に自信なさそうに話してしまうこともあるかもしれませんが、引け目に感じる必要は全くありません。

 

 

これまで述べた通り、正当な理由があれば、マイナスに取られることはほとんどないと言えます。

 

 

また、自信なさそうに話すことで、面接官から「嘘ついているのか?」と誤解されてしまう可能性もあるため、面接時は自信をもって伝えるべきです。

転職したい人
ボソボソボソボソ

面接官
あの、聞こえないんですが…

転職時のブランクの言い訳【まとめ】

・勉強や自営業といった、自己を高めるための期間であれば転職で有利に働く

・家庭の事情や自身の病気の場合も正当な理由となる

・ブランク期間の具体的な意味や成果を説明できれば納得してもらえる

・嘘を言うくらいであれば正直に伝えた方が良い

・ブランク期間を説明する際は、堂々と

 

 

転職する際にブランク期間があるとネガティブに考えてしまいがちですが、必ずしもマイナスではありません。

 

 

大切なのは、正当性のある言い訳と応募先への熱意です。

 

 

ですが、ブランク期間がある場合は、説明を求められるのは必至であるため、事前準備は必要でしょう。

 

 

何事も伝え方次第であるため、ブランクがあるからといって悲観的にならず、期間中のプラスの側面を上手くアピールしてみてください。

Twitterでフォローしよう