なぜこの転職サイト3つがおすすめなのか?職業紹介責任者である私が理由を解説

悩める女子
おすすめの転職サイトってどこなのかな?

転職したい人
転職サイトごとの特徴とかも知りたいよね

プリン
というわけで、おすすめの転職サイトをまとめてみました

 

数多くある転職サイトのなかから、どのサイトに登録しようか悩むことでしょう。

 

あまりたくさんの転職サイトに登録しても、情報過多になり身動きがとれなくなってしまいますので、2~3社程度がベストです。

 

さらに、適当に転職サイトを選んでしまい、感覚的に転職活動をしても、失敗するリスクが高いです。

 

今回は、職業紹介責任者である私が厳選しておすすめする転職サイト3箇所について、

それぞれの強み・特徴などをまとめてみたので、参考にしてみてください。

 

※おすすめの理由は最後のまとめに記載しています。重要なことなので、ぜひ確認してみてください。

 

プリン
では、それぞれの転職サイトを順番に見ていきましょう

リクナビNEXT

強み・特徴

何と言っても求人数の多さが特徴です。

 

サイト名からも分かるように母体がリクルートグループであり、人材関連の最大手である強みを生かして、リクナビNEXT限定の求人を多数有しています。

 

地域や年齢によって対象件数にばらつきがあるとはいえ、どの都道府県もフォローしている点において、他社より頭一つ抜けていると言えるでしょう。

 

また、サービスの点でも独自のサービスを展開しており、特に「グッドポイント診断(5つの強みを分析してくれる機能)」は、精度も高く、自分でも思いがけなかった長所を発見できると、転職希望者の間でも評価が高いです。

 

 

さらに、「スカウト機能」の実効性の高さも、特徴として挙げられます。

 

レジュメを登録すると、求人企業や転職エージェントからのスカウトが来る機能ですが、現在就業中の企業に転職活動がバレないよう、企業ごとにブロックをかけることができます。

 

スカウトからの書類通過率は、体感でもかなり高いです。

 

さらに、リクナビNEXTのもう一つの特徴として、

「綺麗な履歴書・職務経歴書を外部出力できる」という点も挙げておきたいところ。

 

レジュメを登録しておけば、Word形式でダウンロード後に、レイアウト修正がほぼ必要ないというのは、手間も省けてありがたい機能です。

こんな人におすすめ

業種・職種を問わない幅広い求人は、転職活動を始めたばかりの初心者向けだと言えるでしょう。

また、リクナビNEXTにしか出ていない案件もあるため、転職を考えているならば登録必須のサイトですよ。

doda

DODA

強み・特徴

dodaは、非公開求人を含めて10万件以上の案件を有する大手サイトです。

 

一番の特徴は、転職サイトと転職エージェントの双方の機能を有している点にあります。

 

通常の転職サイトの場合、専属のエージェントがつくことはありませんが、dodaの場合はエージェントサービスも併用できるのです。

 

これは他サイトにはない特徴で、最大の強みだと言えるでしょう。

 

dodaにしか掲載されていない案件や、メーカー・IT系企業の求人が多いのも特徴のひとつです。

 

また、年収が高い案件が比較的多く、経験者を募集している求人も多数。

 

これは、未経験者にとってはハードルが高いものの、経験者にとってはステップアップを狙えるチャンスが多いということです。

こんな人におすすめ

求人数とエージェントサービスを併用できるという点では、転職者なら登録必須のサイトです。

 

ただし、求人企業の偏りがあるため、メーカー・IT企業・中小やベンチャーを狙っている人に最も適しているサイトであると言えます。

 

非公開求人を含めた全体の求人の傾向として、経験者を希望する企業が多く、社会人歴が短い人にとってはメリットが少ないため、社会人経験がそれなりにある人でないと、メリットを享受するのは難しい。

 

エージェントサービスを併用でき、どちらかというとエージェント経由での転職者が多いことからも、直接応募ではなくエージェントを使って転職を進めたい人に向いているサイトである。

↓dodaに登録する↓

 

MIIDAS



強み・特徴

ミイダスは求人数は約36千件と、他の転職サイトに比べて規模は小さいものの、市場価値を算出してくれるツールなどで注目されています。

 

最大の特徴は、「ダイレクト・リクルーティング」(転職希望者に対して、企業が直接アプローチを行い、応募や面談の誘いをかけること)に特化しているという点。

 

従来の転職サイトは、転職希望者が主体となり、求人を出している企業に対してアプローチしていくスタイルです。

 

一方、ダイレクト・リクルーティングの場合、主体は求人を出している企業側になる。

 

つまり、企業から積極的に転職希望者に対してアプローチしていくため、転職希望者はオファーを待っていればいいということになります。

 

ここで企業側が使用するのが、登録時に行う市場価値判断ツールの結果。

 

市場価値判断ツールとは、登録時に2030問の設問に答えていくと、適正な年収が算出されるツールです。

 

市場価値判断ツールを使用して登録された情報を元に、企業は求める人材の条件に合致している人材に対してオファーメールを出しているのです。

 

そして、大きな強みとしては、転職希望者に出されたオファーは、すべて面接確約のものであるということ。

 

従来型であれば、こちらから案件を探して応募し、書類選考を受けるというプロセスが必要になるが、ダイレクト・リクルーティングであれば、それらの手順が不要になる、というわけである。

こんな人におすすめ

相手からのオファーを待っていればよく、オファーの有効期限もないことから、転職期限を決めていない人にとっては、登録しておいて損はないサイトです。

↓MIIDASに登録する↓

 

おすすめの転職サイト【まとめ】

以上、おすすめの転職サイト3つを紹介しました。

 

・リクナビNEXT

・doda

・MIIDAS

 

これら3つに共通することは、

「客観的な視点が得られる」というところです。

 

リクナビNEXT⇒「グッドポイント診断」で自分の強みを分析できる

doda⇒「転職エージェント」で相談しながら転職活動ができる

MIIDAS⇒「市場価値判断ツール」で適正年収が分かる

これらのように、自分だけでは気づけないような客観的な視点を意識しながら転職活動を行うことで、企業とのミスマッチのリスクを減らすことができます。

 

 

逆に言えば・・・

 

自分だけの感覚で何とな~く良さげな求人を選んでしまうと、

ミスマッチのリスクが高まります。

 

転職なんて、そう何回もやりたくありませんよね?_(┐「ε:)_

 

転職したい人
こんなはずじゃなかったのに…
と後悔しないためにも、転職サイトはこの3つに絞ることをおすすめします。
↓リクナビNEXTに登録する↓

Twitterでフォローしよう