転職先の即戦力プレッシャーは気にする必要がない?転職先での対処法を紹介

転職者は基本的に「経験者」と見なされます。

 

そのため簡単な仕事だと何となく質問しづらく、「早く成果を出さなければ」と、プレッシャーに感じる人は多いです。

 

ここでは、転職先で即戦力のプレッシャーを辛いと思っている人へ向けた対処法と、プレッシャーを感じるべきでない理由について紹介します。

 

過度なプレッシャーは、心身にとって非常に負担がかかります。

 

対処法が分かれば、必要以上に自分を追い込むことを回避できるはずです。

【こんな悩める会社員へ】
・転職先の人から期待をされているのが辛い
・転職先で思うような成果を出せず、焦っている
・新しい職場で何となく質問しづらく、仕事が思うように進まない

転職の即戦力プレッシャーで辛いときの対処法

即戦力プレッシャーで辛いときの対処法は、以下の通りです。

・気にしすぎない

・分からないことは素直に聞く

プリン
一つずつ解説していきます

気にしすぎない

新しい職場の上司や先輩から「経験者だから期待しているよ」という言葉を掛けられたりすると、どうしても気持ちが焦りがちです。

 

ですが、ここで大切なのは、プレッシャーを気にせず、新しい仕事や環境に慣れるまではとにかく無理をしないことです。

 

できないことを無理に「できる」と装うと、現状の自分とのギャップでますます辛くなってしまいます。

 

周囲から「期待外れだ」と思われるのが怖いかもしれませんが、初めから完璧に仕事ができる人はいません。

 

仕事の要領をつかめるようになるまでは、できるだけあなたのペースを貫き、仕事ができるようになったら存分に期待に応えることができれば良いでしょう。

分からないことは素直に聞く

まだ職場の雰囲気や仕事に慣れていない時期は、何かと気を遣います。

何か分からないことがあっても、

「こんなこと聞いたら変かな」

「みんな忙しそうだから申し訳ないな」

などと遠慮してしまう人は多いです。

 

 

ですが、仕事は、一つひとつの業務や工程をしっかり理解して初めてできるようになります。

 

つまり、分からないままではこの先ずっとできないままの可能性が高いです。

 

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」のことわざにもある通り、聞いて覚えてしまえば、その後同じ仕事で悩むことはなくなります。

 

また、質問によっては、入社から時間が経過するほど質問しづらくなるものもあるでしょう。

最も怖いのは、周囲から「新人」と見なされなくなった時にさらに聞きづらくなること。

 

「分かっている」を装ってしまうと、万が一分かっていないことが露見してしまった時に周囲の印象がかなり悪くなってしまいます。

 

少しでも疑問に感じたことなどは、都度聞いた方が結果的に早く仕事ができるようになるはずです。

 

また、よく分からず、不安を感じながら仕事をするのは非常にストレスが溜まりますので、仕事自体が嫌になってしまうこともあるでしょう。

転職の即戦力プレッシャーを感じるべきでない理由

即戦力プレッシャーを感じるべきではない理由は、以下の通りです。

・入社後3か月間は環境に慣れるための期間

・初めから即戦力となる人などいない

・入社直後は任される仕事が少ないため、実績を出せなくて当然

プリン
一つずつ解説していきます

入社後3か月間は環境に慣れるための期間

中途採用であっても、入社後3~6か月は試用期間。

 

つまり、試用期間中は主に新しい職場の環境やルールに慣れていく期間です。

 

職場が違えば、仕事内容や人間関係はもちろん、休憩の取り方やオフィスの雰囲気なども大きく違うはずです。

 

勝手が分からない環境では、思うように力を発揮できなくて当然

 

焦る気持ちはあるかもしれませんが、まずは落ち着いて仕事ができるよう、新しい職場の環境やルールに慣れることが第一です。

 

初めから即戦力となる人などいない

同業他社への転職であっても、職場が違えば会社独自の風習や人間関係などのしがらみがあるため、思うように仕事を進めることができなくて当然です。

 

人事も当然分かって採用しているため、転職者=即戦力というよりは、

「転職者=ゆくゆくは戦力となる、やる気やスキルを持ち合わせている人物」

と捉えることで、過度なプレッシャーを軽減できるでしょう。

 

また、中途採用の場合は、同期がいない場合も多いため、同じ悩みをシェアしたり、気軽に相談したりできる人物が社内にいないことも、プレッシャーがより大きくなる要因です。

 

しばらくの間、新人はあなた一人であるため、どうしても周囲の目が気になりやすいでしょう。

 

新しい職場に慣れるのも、あなたが「新人」であるのも、時間が経過すれば変化するため、焦らず着実に進めることを最優先にすることをお勧めします。

 

入社直後は任される仕事が少ないため、実績を出せなくて当然

入社間もない時期から重要な仕事や、多くの仕事を任されることはほとんどないため、目に見える成果を出しづらいのも事実です。

 

初めは周囲の人の会話についていくこともままならず、「役に立てない」とネガティブに感じてしまうかもしれませんが、誰でも初めはできなくて当然。

 

ある程度の期間は成果の出しようがないため、入社後半年~1年程度は仕事の土台作りに専念すると良いでしょう。

 

 

異業種転職は更にプレッシャー…早く慣れるコツは?

異業種への転職の場合、さらにプレッシャーを感じるかと思いますが、早く慣れるコツについて解説していきます。

 

異業種転職は、職場の人間関係だけではなく、仕事も一からのスタートとなるため、苦労することが多いもの。

 

プレッシャーを乗り切るためには、とにかくまずは慣れることが重要です。

 

異業種転職後に早く慣れるコツは、以下の通りです。

・コミュニケーションをしっかりとる

・「できなくて当たり前」を意識

・失敗を引きずらない

・レスポンス早く対応する

・メモをしっかりとる

・仕事のスピードを捨て、確実にこなす

・生活リズムを整える

・何事も素直、謙虚に対応

・積極的に仕事をする

・プライドは低く

プリン
一つずつ解説していきます

①コミュニケーションを重視する

転職して中途入社した場合は、どうしても「即戦力として役に立たなければ」と、気張ってしまいがちです。

 

しかし、初めのうちは分からないことが多かったり、社内の勝手が分からなかったりなど、歯がゆさを感じることが多いものです。

 

 

「役に立つ」ことを目標とするのはもちろん素晴らしいことですが、入社してすぐ何でもかんでもできる人はいません。

 

 

できなくて当然の環境にいるにも関わらず、「できて当然」と、自分で自分を追い込んでしまうことで、

「自分は何も役に立てていない…」と、自信喪失につながる要因にもなりまねません。

 

 

一方で、新しい職場が自分にとって快適な職場になるかどうかは、人間関係にかかっています。

 

特に、第一印象を覆すことは非常に難しいです。

 

そのため自分から挨拶することはもちろん、仕事上の質問や雑談など、早いうちから周囲の人と積極的にコミュニケーションをとることが大切です。

 

 

もちろん仕事に早く慣れることも大切ですが、良好な人間関係を築き、周囲に気を許せる人や味方となってくれる人が増えれば、仕事もしやすくなります。

 

 

入社後3か月程度までは

仕事:コミュニケーション=6:4

くらいのイメージで、コミュニケーションの方を仕事より少し頑張ると良いでしょう。

 

②「できなくて当たり前」を意識

異業種転職は分からないことだらけです。

 

周囲の人に質問ばかりすることに申し訳なさを感じたり、自分に不甲斐なさを感じたりすることも多いでしょう。

 

その上中途入社ということもあり、どうしても「早く結果を出さなければ」と焦ってしまう気持ちもあるでしょう。

 

ですが考えてみてください。

 

 

例えばあなたが今、元職場で働いていて、職場に中途入社かつ異業種転職の新人を迎えたとしたら、初めから100%を求めるでしょうか?

 

初めから失敗せず完璧にできる人はいません。

 

理想を高く持つことはとても良いことですが、自分のレベルとかけ離れたレベルを求めてしまうと辛くなってしまうため、まずは一つひとつの業務を確実に覚えることから始めると良いでしょう。

 

 

仕事でできないことや失敗が続いたら、元職場の自分が新人を受け入れたときに自分がどう感じるかを思い出すと、気持ちが楽になるはずです。

 

③失敗を引きずらない

異業種への転職直後は、人間関係も仕事も、全てが慣れないことだらけで、自分が思っている以上に疲れやすくなっています。

 

 

さらに、「早く成果を出さなきゃ」と、功を焦ることから、余計に神経に負担がかかり、できないことがあったり、失敗してしまったりすると、普段以上に引きずってしまいがちです。

 

 

私もそうなのですが、元々ネガティブな人や、周囲に気を遣いすぎてしまう人は特に要注意です。

 

 

ネガティブな私が新人の頃に強く意識していたのは

・同じ失敗は2度繰り返さない

・今は疲れていて精神的に良くない状態にある、と認める

の2点です。

 

 

私はネガティブかつ完璧主義というかなり面倒くさい性格なので、一人で落ち込むことがよくあります。

 

 

ですがある日、超ベテランの先輩が失敗をしたのを見て

「誰でも失敗するんだな」

と、ようやく当たり前のことに気付くことができました。

 

 

それからは、失敗しても「次は絶対間違えない!」くらいの気持ちで受け止めることで、「なるべく」引きずらない程度に負担を減らすことができています。

 

 

さらに、「自分は今疲れている」と、認識できることも大切です。

 

 

「今は疲れているから悲観的になっているんだな」と、自分を客観視することで、どこか諦めのような気持ちが出てくるものです。

 

 

誰でもダメになってしまう時はあるものなので、そういう時は無理に抗わず、「起きてしまったことは仕方ない」と諦めることで、負の連鎖を断ち切りましょう。

④レスポンス早く対応する

転職直後は、自分の仕事やできることは他の人と比べて少ないものです。

 

そのため、言われたことはすぐに対応することで前向きさをアピールすると良い評価をもらえるでしょう。

 

 

また、ルーティーン業務などで予めやるべきことが分かるものであれば、言われる前にやっておくのも非常に効果的です。

 

 

異業種ということもあり、言われたことの意味がよく分からないこともあるでしょう。

 

そのような時は、分からないことを寝かせずに、都度上司や先輩に確認し、迅速に処理することが大切です。

 

時間が経てばたつほど、質問しづらくなります。

 

初めのうちは「慣れてないから仕方ないよね」と、大目に見てもらえるでしょうが、月日が経てばそうはいかなくなります。

 

聞けるうちにすぐ聞くことが鉄則です。

⑤メモをしっかりとる

当たり前ですが、メモをとることは欠かさず行うべきです。

 

異業種転職ともなれば、新しい職場で覚えるべきことは膨大で、慣れないうちは周囲の人に教えてもらうことが多くなるもの。

 

中途入社とはいえ、新人教育にある程度時間がかかることは受け入れ側も想定済みではありますが、周囲の人は仕事の手を止めて教えてくれているのです。

 

そのため、教わる側としても極力2度手間、3度手間を避ける努力はしたいものです。

 

 

覚えることが多い上に先輩の説明が早かったり、説明を聞いて「簡単そうだな」と思ったりすると、ついメモがおろそかになってしまいがちです。

 

 

その場は「雰囲気」で分かった気になっても、後から一人でやってみると、「ファイルの格納場所はどこだっけ…?」など、曖昧な部分が色々と出てくるものです。

 

 

職場にもよりますが、周囲の人が外出や会議などで席を外すことが頻繁にあるなど、すぐに確認できないこともあるでしょう。

 

 

また一人で進めるのが不安でも、手元に完璧なメモがあれば安心して進めることができます。

 

説明を受ける側としては、メモを取ることで先輩や上司を待たせてしまうことに申し訳なさを感じ、つい適当に済ませてしまう方も多いと思います。

 

ですが、教える側からすれば、新人があまりメモを取らない方が不安に感じるものですので、遠慮せずに理解できるまできっちり確認するべきです。

 

 

私が異業種転職した際は、説明を受けた後にメモの内容を見返し、ノートへ清書していました。

 

業務を教わる度にノートへ清書することで、業務の理解を深めるだけではなく、失敗した時や新たな発見があった時に追記することで、自分だけのマニュアルになるのです。

 

メモをしっかりとっておけば、後で見返したときに業務の復習ができる上、その際に抜け漏れに気付けは記憶が新しいうちに確認ができるでしょう。 

 

⑥仕事のスピードを捨て、確実にこなす

新しい職場での仕事に慣れるまでは、一旦仕事の効率やスピードは捨て、一つひとつの業務を着実にこなすことに重点をおくとよいです。

 

なぜなら、新しい職場や人間関係に慣れていないときこそ、失敗したときの精神的ダメージが大きいからです。

 

 

また、業務一つひとつを丁寧に行うことで、スピード重視の時と比べて仕事の習熟度も上がりやすくなるでしょう。

 

簡単そうに見える業務でも、意外な落とし穴があったり、独特な対処法があったりする可能性もあります。

 

いくら前職のキャリアが長くても、中途入社で即戦力を求められていても、新人であることには変わりはありません。

 

 

焦って適当に土台を作るより、少し時間がかかったとしても、一段、一段きっちり組み上げていく方が、将来的に大きな力を発揮できるはずです。

 

周囲の目が気になるかもしれませんが、あなた自身も「新人なんだから仕方ない」と、ある程度開き直ることも大切です。

 

⑦生活リズムを整える

人間は、新しい環境にストレスを感じるもの。

 

特に異業種転職は人間関係だけではなく、仕事も全く新しいものとなり、さらに刺激が多く、疲れやすい状況にあります。

 

そのため少しでも身体のコンディションを良くできるよう、早寝早起き、バランスの良い食事など、生活リズムを整えることを意識することをお勧めします。

 

 

入社直後は覚えることにいっぱいいっぱいで、帰るころにはフラフラ、晩ご飯も食べずに寝てしまいたくなるほど疲れることもあるでしょう。

 

また食欲がなく、コンビニ弁当やレトルト食品といった栄養価の偏った食事で済ませてしまう場合も疲労につながるため要注意です。

 

 

私も疲れていたり、仕事が忙しすぎたりするとつい疎かにしてしまいがちなのですが、必ず後からダメージがやってきます。

 

 

初めは良くても、気が抜ける週末などに集中力が切れ、体調不良になってしまう可能性もあるため、初めのうちこそ意識して生活リズムを整えるようにしたいところです。

⑧何事も素直、謙虚に対応

当たり前ですが異業種への転職は、一から仕事や業界のルールを覚えるということです。

 

そのため、ある程度仕事ができるようになるまでは、今までの経験や知識は一度わきに置き、新しい情報を吸収する姿勢をとることが大切です。

 

 

新しいことを覚える際に「前の職場ではこうだった」などというようなこだわりが、新しい職場での成長を邪魔しかねません。

 

 

極端な例ですが、新しい知識に触れたときに「自分より年下に教わるなんて癪だな…」と思うか、「自分はまだまだだ。もっと知りたい」と思えるかどうかで今後が大きく変わってくるでしょう。

 

 

また素直で謙虚な人は、敵を作りにくいです。

 

あなたが周囲と良好な関係を作ることができれば、仕事で多少ミスなどがあってもフォローしてもらえたり、大目に見てもらえたりするはずです。

 

⑨積極的に仕事をする

異業種転職では、分からないことだらけです。

 

その上、新しい職場がとても忙しい雰囲気だと、遠慮してしまって仕事に対して受け身になってしまう人は多いです。

 

ですが新人だからこそ、図々しいくらい積極的に仕事をする姿勢を見せることが大切です。

 

よく「第一印象が大切」と言われますが、本当にその通りで、ポーランドの心理学者であるソロモン・アッシュの実験によると、初めの印象によって先入観のフィルターが作られ、効果が半年間程度続くことが証明されています。

 

周囲の人は、見ていないようで新人の人となりや仕事に対する姿勢などを見ています。

 

そんな周囲の人に「新しい人来たけど、何だか消極的だね」などと思われてしまえば、その印象を覆すことはとても大変になってしまうでしょう。

 

また、自分から積極的に関わっていくことで、必然的に新しい業務に触れる機会が増え、結果的に早く仕事ができるようになるのです。

 

「鉄は熱いうちに打て」の要領で、最初だからこそ、積極的に関わってゆきましょう。

⑩プライドは低く

前職でいかにキャリアや実績があっても、新しい職場では新人です。

 

また、環境やそこにいる人間が違えば文化も大きく異なるでしょう。

 

そのため「郷には郷に従え」の精神で、元職場やこれまでの自分の常識と比較せずに受け入れることが、早く慣れる上で大切です。

 

これは、素直さや謙虚さとも共通することですが、プライドが高いと周囲と衝突しやすく、意固地になった結果、周囲から孤立してしまいやすいでしょう。

 

 

ビジネスパーソンとして、人としてある程度の誇りを持つことは大切ですが、態度に出してしまっては何も良いことはありません。

 

無用な争いを避けるためにも表面上は腰を低くすることをお勧めします。

 

職場があまりにもブラックな場合は辞める勇気も大切

「念願の異業種を転職してこれからだ!」と思っていたのに、入社してみたら酷いブラック企業だった、ということもあるでしょう。

 

 

実際入社した会社が酷いブラック企業だったらどうするか。

 

 

私の経験から申しますと、傷が浅いうちに辞めるべきだと考えています。

 

 

私は以前、異業種転職した職場がブラック企業だったことがあります。

 

・職場内でパワハラやセクハラが横行

・募集要項ではボーナス・退職金ありだったのに、実際はなし。

・法定残業時間を超えないように社員一人ひとりがタイムカードを「適度な時間に」切ることを強要される

 

 

というような職場で、入社直後は「そんなはずない!」、「どの職場でも不満はつきもの」と、何とかプラスに考えようとしていました。

 

 

ですが、周囲の反応が気になることや「現実を認めたくない」という気持ちから、無理やり仕事を続けた結果、気付けば全身に蕁麻疹が出るようになり、うつ病に片足を突っ込んでいました。

 

 

辞めた時にはすぐ仕事ができる状態ではなかったので、転職活動を含めて半年ほどブランク期間ができてしまったのが非常に痛手です。

 

 

入社してすぐに辞めるのは気まずいですし、職歴も汚れてしまうので気になるのはとても分かります。

 

ですが、私のように毎日「辞めたい」と思いながら中途半端に続けて身体を壊すのであれば、ブラックだと見抜いた時点で辞めた方が、時間が無駄にならずに済みます。

 

 

酷いブラック企業の場合は、入社後1か月も経たないうちに分かることがほとんどですので、試用期間中に退職することも可能です。

 

試用期間が終わってしまえば、私のようにどんどん辞めづらくなってしまいますので、「ヤバい!」と感じたときは辞める勇気も大切です。

 

悩める女子
転職での失敗のリスクを減らした方は、以下の記事も参考にしてください

まとめ

・新しい環境に慣れるまでは無理せず周囲の期待を気にしすぎないことが大切

・入社後3か月間は環境に慣れるための期間である

・初めから即戦力となる人などいないため、まずは土台作りから

・入社直後は任される仕事も少ないため、成果を出せなくて当然

・転職直後は仕事よりコミュニケーションを少し頑張るとよい

・初めから完璧な人はいないため「できなくて当たり前」を前提にする

・失敗は誰にでもあると割り切り、ネガティブな気持ちを引きずらない

・言われたことは寝かさずすぐ対応。分からないこともすぐ確認

・何度も同じことを聞くことのないよう、メモをしっかりとる

・仕事に慣れるまではスピードや効率よりも確実性を重視する

・新しい環境は想像以上に疲れるため、生活リズムを整えることが大切

・何事も素直・謙虚な姿勢でいることで大きく成長できる

・積極的に仕事に関わることで、評価を得られるとともに、仕事を早く覚えられる

・高すぎるプライドは仕事や人間関係の邪魔になるだけ

・職場があまりにもブラックな場合は、傷が浅いうちに辞める勇気も大切

 

新しい職場では、仕事の進め方はもちろん、人間関係や職場の文化を理解するのも、一からのスタートとなります。

 

特に前職でのキャリアが長ければ長いほど辛く感じるでしょう。

 

そのため、仕事で成果を出すためには、その土台となる部分をしっかり理解することから始まるのです。

 

一番良くないのは、「知ったかぶり」や「できる風」を装ってしまうこと。

 

自分を盛れば盛るほど、周囲の期待と実力に差がついてしまい、結果的に苦しくなってしまうでしょう。

 

入社後1年までは基礎を固める時期と割り切り、焦らず着実に仕事を積み重ねてゆくことで、チャンスが来たときの備えとなるはず。

 

まずは全てを求めず、できることを着実に増やしてゆくことが大切です。

Twitterでフォローしよう