転職がうまくいかない時は派遣で繋ぐのが正解?転職に活かせる派遣の活用方法

転職活動では、

「条件の合う企業が見つからない」

「選考が通らない」

など、思い通りに進まないことも多いですよね。

 

職場の退職日が決まっていたり、金銭的な事情があったりするとより焦ってしまうでしょう。

 

この記事では、転職活動がうまくいかない時に派遣で繋ぐメリットについて紹介します。

 

転職の手段は様々です。

 

焦って興味のない企業に決める前に、急がば回れの精神で、派遣で繋いでチャンスを窺う手段もあることを知って頂きたいと思います。

 

【こんな悩める会社員へ】

・転職活動中だが、思い通りに進まず、期限も迫っていることから焦っている

・何となく転職活動を行っているが、正直自分が何をやりたいのかよく分かっていない

・転職先がなかなか決まらないため、決まりやすそうな企業に妥協すべきか迷っている

転職がうまくいかないときに派遣で繋ぐメリットは?

転職活動を派遣で繋ぐメリットは、以下の通りです。

・気になる業界や職種を、派遣として事前に経験できる

・人気企業や大手で働きやすい

・正社員と比べて休みが取りやすいため、転職活動しやすい

・収入を得ながら転職活動ができる

 

転職活動では、正社員として働きながら正社員の仕事を探すケースがほとんどで、転職活動が期限内に決まらない場合、金銭的な問題もあることから、妥協して決める人が多いです。

 

 

しかし、妥協した結果、全く興味のない仕事をすることになってしまったり、ブラック企業を選んでしまったりする可能性もあるんです。

 

 

さらに、業種や職種転向する場合、勢いで決めてしまえば入社後に「想像と違った…」ということにもなりかねないでしょう。

 

 

そのため、

・転職活動がうまくいかないが、妥協したくない

・業種や職種の大幅な転向をしたい

 

といった場合に、ひとまず派遣として働くという方法も一つの有効な手段としてお勧めします。

 

 

事前に気になる業界や人気企業で働いてみることで、働いてみないと分からない良さであったり、正社員として働く人のリアルな声など、非常に多くの収穫があるはずですし、いきなり転職するよりも安全に転職先を考えることができるのです。

 

 

また、未経験の業界や職種を目指す場合、派遣として実際に働いたことが実績ややる気として証明できるため、失業保険や貯金を使いながら転職活動を続けるよりも有利に働く可能性も大きいでしょう。

 

転職活動がうまくいかない原因

転職活動がうまくいかない原因は、以下の通りです。

・自己分析ができていない

・業界・企業研究不足

・人気企業ばかり選んでしまっている

プリン
一つずつ解説していきます

 

自己分析ができていない

当たり前ですが、転職活動は自分の職業や将来を決めるものです。

 

 

・自分はどのような仕事をしたいのか

・どのような生活を送りたいか

・将来はどうありたいのか

 

など、まずは己の「軸」がなければ、何も始まらず、適当に決めてしまえば後になって不満や後悔となって大きく影響するでしょう。

 

 

つまり、自己分析が不十分なまま転職先を決めてしまえば、

・この仕事は向いてなかった…。

・プライベートが確保できない働き方は求めていなかった…。

など、自分でも思いもよらなかった不満が出てきてしまうのです。

 

 

転職は、内定をもらうことが成功ではありません。

 

 

転職先で自分が求める働き方や生活を送り、現在抱えている不満を解消できて初めて成功できたと言えるのです。

 

 

現在の職場が辛い状況だと、どうしても現状の辛さの解決のみに焦点が当たりがちです。

 

 

ですが、そこでもう一歩踏み込んで自己を見つめることで、転職後の満足度を高めることができますよ。

業界・企業研究不足

こちらも自己分析同様、相手(業界・企業)を知らずして自分に合う仕事を見つけることは大変難しいと言えます。

 

 

例えば同じ職種でも、業界や企業が違えば働き方や人間関係が大きく異なることもあります。

 

 

また、将来性のある業界がある一方で、斜陽産業もあるでしょう。

 

 

兵法で有名な孫子の格言に、「彼を知り、己を知れば百戦危うからず」というものがあります。

 

 

敵の実力や現状を把握し、自分自身のことをよく理解して戦えば、何度戦っても勝つことができる、という意味ですね。

 

 

転職活動においてもまさにその通りで、

彼(業界・企業)と自己(目標・譲れないものなど)をしっかり理解することができれば、

自ずと仕事の向き不向きや相性、自己のスキルに対する需要などといったものが見えてきますよ。

人気企業ばかり選んでしまっている

業界・企業研究と重なる部分もあるが、倍率の高い人気企業ばかりに絞ってしまえば、ライバルが多い分うまくいない確率も高くなります。

 

 

また人気企業は、入社後にある程度の保証や安定性が得られるようなイメージがあるため、全てにおいて「間違いない」と考えてしまいがちですが、必ずしも自分に合っているとは限りません。

 

 

もちろん、キャリアアップを目指すことは良いことです。

 

 

しかし、自分が本当に求めているものと人気企業で働くことにギャップがある場合は、入社後に後悔する原因となりかねないため、人気や大手のブランドのみで決めるのは避けた方が良いでしょう。

まとめ

・派遣として気になる業界や職種の経験を積んでから転職先を決める方法もある

・派遣は正社員と比べて休みやすいため、転職活動しやすい

・正社員では難しくても、派遣なら大手でも働きやすいメリットがある

・派遣として働くことで、収入と実績を積みながら転職活動ができるメリットがある

・自己分析が不十分だと、自分が求めているものが分からず、転職後も不満が出てくる

・自分に合った企業を探すためには、しっかりとした業界や企業研究が大切

・人気企業はライバルが多く、また人気=自分に合っているとは限らない

 

 

 

物事全般に言えることだが、転職活動も万事思い通りに進むとは限りません。

 

 

自己分析や企業研究といった内的要素はもちろん重要ですが、社会情勢やプライベートの状況など、様々な外的要素も結果を大きく左右するでしょう。

 

 

現在の職場を退職するまでに納得できる転職先が決まるのが最も理想的ですが、転職活動は退職日までに決めないといけないものでもないため、内定ありきになってしまうのは危険です。

 

 

うまくいかない時こそ柔軟に対応することで、ピンチをチャンスに変えることができるはずです。

Twitterでフォローしよう