転職がうまく行く人の3つの特徴とは?転職で失敗する人との違いについて解説!

転職したい人
転職活動が・・・

悩める女子
うまくいかない・・・

 

転職活動は、時間の制約や金銭的な理由から、なかなか決まらないと非常に不安になりますよね。

 

 

また、何度応募しても全く内定をもらえない日が続くと、自分にも自信がなくなり、とても辛いものです。

 

 

この記事では、転職がうまく行く人の3つの特徴と、失敗する人の違いについて解説します。

 

 

転職がうまくいかないのは、必ず理由があることを理解することが大切です。

 

 

理由を理解しているか否かで転職の成功率は格段に変わりますよ。

【こんな悩める会社員へ】
・転職活動がうまく行かず、悩んでいる
・転職がうまく行く人の特徴を知りたい
・転職で失敗する人の特徴を知りたい

転職がうまく行く人の特徴3

転職がうまく行く人の3つの特徴は、以下の通りです。

・明確な転職目的を持っている

・転職活動に時間をかけている

・企業選びの優先順位が明確化している

プリン
一つずつ解説していきます

明確な転職目的を持っている

転職活動において最も重要なことは「転職する理由」を明確化させることです。

 

 

明確な目的とは、「自分にとって転職するべき理由」以外にも「将来の目標」、「挑戦したい仕事」などがあります。

 

 

これらは面接で必ず聞かれ、企業側が重視する質問です。

 

 

転職理由が「前職の待遇が悪かった」というようなネガティブなものではなく、「○○がしたい!」というように、ポジティブに説明できることで、面接時に転職に対する熱意をアピールすることができるでしょう。

 

 

転職は、内定をもらうことがゴールではありません。

 

 

この先働き続けてゆく上で「自分がやりたいこと」を実現できなければ、いずれ不満が溜まり、転職を繰り返してしまう可能性もあります。

転職活動に時間をかけている

転職が成功するかどうかは、情報の質と量も重要です。

 

 

現在の職場が辛いと、どうしても「早く辞めたい」と考え、転職活動に割く時間をほどほどにしてしまう人も少なくありません。

 

 

ですが、それでは今の職場から逃れることができても、次の職場で満足できるかどうかの保証はどこにもないでしょう。

 

 

転職後に別の問題が出て再度転職…となっては元も子もありませんよね。

 

 

焦る気持ちもあるかもしれませんが、将来に関わる大切な時期であるため、可能な限り時間をかけることをお勧めします。

 

 

転職先を探す際は、転職サイトだけではなく、転職エージェントやハローワークなど、様々な媒体を併用することが望ましいです。

 

複数の情報源を持つことで、その分企業情報を多く手に入れることができるからですね。

 

 

情報源が多いということは、それだけチャンスが増えるということであり、理想的な職場に出会える確率が上がります。

企業選びの優先順位が明確化している

矛盾するようですが、転職を成功させるためにはある程度妥協することが大切です。

 

 

自分の理想通りの企業に転職できれば言うことはありませんが、全てにおいて思い通りの企業を見つけることは非常に難しいでしょう。

 

 

また、細かい点までこだわってしまうことで、チャンスを逃してしまうこともあります。

 

 

自分の中の「譲れない条件」と「妥協できる条件」を自分の中で明確化させておけば、企業選びで迷うことや、転職後に後悔することを大幅に減らすことができます。

転職で失敗する人の特徴3

転職で失敗する人の特徴は、以下の通りです。

・自己分析不足

・転職の動機が「逃げ」

・情報を鵜呑みにする

プリン
一つずつ解説していきます

自己分析不足

どんなに素質があり、仕事ができる人でも、自分の活かし方が分からなければ満足できる結果は得られません。

 

 

転職を成功させるためには「やりたいことを明確化させる」ことや「自分の能力分析」が非常に大切です。

 

 

また、仕事面以外にも、給与や福利厚生、職場の雰囲気などについても何を優先させたいのかをしっかり考えておく必要があります。

 

 

希望の企業が、希望する職場とは限りません。

 

 

これらが分からず、やみくもに転職するだけでは理想の職場どころか、仕事における問題解決は難しいでしょう。

転職の動機が「逃げ」

転職最大の動機が「現状から逃げ出したい」場合は失敗しやすいですね。

 

 

転職先を選ぶ際に「今の職場でなければどこでもいい」と考え適当に選ぶことで、新しい職場に慣れてくる頃にはまた別の不満を抱える原因になるでしょう。

 

 

また、どのような仕事においても大変なことはあります。

 

 

ですが、これらと向き合ううちに仕事のやりがいや楽しさに気付くこともあるのです。

 

 

ただ単に「辛さ」や「大変さ」から逃げたいがために転職をすれば、転職先でも仕事を長続きさせることは難しく、転職を繰り返してしまう可能性が高くなるでしょう。 

悩める女子
参考にこっちもみてね

情報を鵜呑みにする

企業探しや企業研究が雑になってしまえば、良い結果を得られる可能性は低くなります。

 

 

転職がうまく行く人の多くは、転職サイトなどの情報だけではなく、実際に企業を見に行ったり、より詳しく調べてみたりすることを欠かしません。

 

 

多くの情報を得ることは大切です。

 

 

ですが、ただ一方的に受けるだけではなく、情報を精査した上で足りない内容を自分から取りに行くことで、企業に対する理解がより深まるでしょう。

 

 

これは「自己分析」にも通じている部分がありますが、やはりゴールとなる「転職する目的」があやふやでは、何を準備するべきかが分かりづらいです。

 

 

そうなると、転職活動自体のモチベーション維持が難しく、「よく分からないけど、まぁいいか」と悪い意味で妥協することとなってしまうんです。

転職でうまく行く人の特徴【まとめ】

・「将来の目標」など、明確な転職目的を持つことが大切

・転職の結果が将来に影響するため、転職活動を丁寧に行うこと

・企業選びである程度の妥協は必要なため、自分の中で優先順位を決めておく

・自分の能力ややりたいことが分からなければ、満足する結果は得られない

・どのような仕事にも辛さはあるため、「逃げ」の転職は良くない

・情報を鵜呑みにせず、能動的に情報を取りに行くことが大切

 

 

転職は、内定をもらうことがゴールと考えてしまいがちですが、転職後に自分が求めているものを満たすことができるかどうかが最も大切です。

 

 

たとえ転職先が決まったとしても、入社後すぐに転職してしまえば、

転職活動は失敗と言えます。

 

 

もし自分に向いている仕事や、転職活動の進め方といった基本的な部分が分からない場合は、転職エージェントに相談するのも一つの手段ですよ。

 

 

転職エージェントは一部の有料サイトを除き、基本的に全てのサービスを無料で利用することができるため、一人で不安な場合は非常に強力なサポートとなるはずです。

Twitterでフォローしよう