転職サイト登録のメリットデメリットとは?複数登録で転職成功率は上がる?

昨今転職する手段として、ハローワークの他、転職サイトや転職エージェントなど、様々な方法がありますよね。

 

 

中でも転職サイトは手軽に登録・利用できるため、利用したことのある人は多いでしょう。

 

 

ここでは、転職サイトに登録するメリットデメリットについて紹介します。

 

 

転職活動を成功させるには、自分に合った戦略をとることが最も重要です。

 

 

転職サイトを最大限に活かす方法が分かれば、戦略の幅が広がりますよ。

 

【こんな悩める会社員へ】

・何となく転職サイトに登録したが、いまいち使えていない
・自分にあった転職方法を探している
・転職サイトに登録するメリットデメリットを知りたい

複数の転職サイトに登録するメリット

複数の転職サイトに登録するメリットは以下の通りです。

・求人案件を増やせる

・スカウトを受けやすくなる

・転職活動に必要な書類の添削機会が増える

・自分のペースで活動できる

プリン
一つずつ解説していきます

求人案件を増やせる

転職サイトに複数登録する最大のメリットは、登録した分求人案件の幅を広げられることです。

 

 

転職サイトはどこも変わらないと思いがちですが、実はそうではありません。

 

 

確かに共通で求人を出している企業も存在しますが、転職サイトごとに掲載者数や得意分野は異なるんです。

 

 

企業によっては「求人を出すなら絶対A社」というように、企業同士の信頼関係から特定のサイトにしか求人を出さない企業もあるんですよね。

 

 

また、求人サイトには掲載料が発生するため、求人のための予算が限られている中小企業では、掲載できるサイトも大手より規模の小さいサイトに掲載することもあるのです。

 

 

転職活動では、いかに多くの求人情報に触れられるかが勝負です。

 

 

転職サイトは基本的に利用無料のため、登録して損はないありません。

スカウトを受けやすくなる

サイトによっては、登録しておくだけで求人を掲載している企業からスカウトメールが届く機能があります。

 

 

スカウトメールは選考が確実に通る保証ではありませんが、それでも一部の選考を免除や選考自体が通りやすいといった大きなアドバンテージがあるのです。

 

 

また、スカウトメールが届くということは、その企業にマッチしている人材であるということ。

 

 

そのため、スカウトメールを通して自分では気付かなかった可能性の発見に繋がることもあるでしょう。

 

 

求人サイトによって掲載する企業が異なるということは、登録サイト数を増やせば増やすほど、スカウトを受けるチャンスも増えるのです。

 

転職活動に必要な書類の添削機会が増える

転職活動において避けて通れないのが履歴書や職務経歴書といった書類の準備ですよね。

 

 

どんなに優れた人物であっても、文書でうまくアピールできないと書類審査で通らないこともあるため、入念な準備が必要となります。

 

 

転職サイトによっては、無料で添削してくれるサービスがあります。

 

 

ただし利用には1~数回程度と、回数制限があるため、じっくり作成したい人や、途中で活動の方向性が変わった人にとっては不安に感じるでしょう。

 

 

この問題も、書類添削機能のある転職サイトを複数登録することで解決できます。

 

 

ほとんどのサイトでは、無料でプロの採用担当者が添削し、アドバイスももらえます。

 

 

回数が増えるほど書類をブラッシュアップさせることができ、それだけ転職において有利になっていきますよ。

 自分のペースで活動できる

転職サイトは、利用する際の手軽さもメリットの一つです。

 

 

ネット環境があればいつでも求人を探すことができ、予めサイト内で履歴書データを作成しておけば、企業への応募も簡単にできます。

 

 

フルタイムで働きながら転職活動をする場合、時間に制約があることも多いため、空いた時間に企業検索や調べものができるのは非常に便利です。

 

 

また、転職サイトは求人情報以外にも、転職活動におけるノウハウや自己診断ツールを公開しています。

 

 

複数サイト利用することで、求人情報だけではなく、多くのノウハウも得られるため、移動や空き時間を有効活用につながるでしょう。

複数の転職サイトに登録するデメリット

複数の転職サイトに登録するデメリットは、以下の通りです。

・企業探しや面接の日取りなど全て自分で行う必要がある

・転職に対して明確な希望がないと、企業選定がうまくいかない

・選考に落ちた理由などが分からない

プリン
一つずつ解説していきます

企業探しや面接の日取りなど全て自分で行う必要がある

転職サイトは手軽な反面、企業検索や書類の準備、面接の日程調整といった転職に関わる全てを一人でこなさなければなりません。

 

 

転職サイトを複数登録した場合、それぞれの媒体から応募し、選考が進んだ場合、管理が若干面倒になるというデメリットが出てくるのです。

 

 

複数社で選考が同時進行して忙しくなってくると、どこのサイトからどの企業に応募したかが分からなくなることもあるでしょう。

 

 

それぞれの媒体で選考が進む場合は、スケジュールを一括で確認できるよう、自分の手帳やスマホのスケジュール機能等を使ってメモしておくのがお勧めです。

 転職に対して明確な希望がないと、企業選定がうまくいかない

転職サイトは、大手だと約1万件前後の求人を掲載しています。

 

 

仮に3つの転職サイトを登録した場合、約3万件の求人を閲覧できるのです。

 

 

数が多いことはメリットですが、企業の選定基準が明確になってない人にとってはデメリットにもなりかねません。

 

 

「なんとなく転職したいけど、自分に合った仕事がよく分からない」というような、はっきりとしたゴールが設定できていない場合、数万件におよぶ企業情報の中から自分に合った企業を見つけるのは至難の業ですね。

 

 

多くの転職サイトでは、自己診断ツールなども利用できますが、診断結果をどう活かすかも利用者に委ねられるため、相談しながら決めたい人にとっては使いづらいと感じることもあるでしょう。

選考に落ちた理由などが分からない

この項目に関しては、複数サイト登録によるデメリットとは少し異なりますが、転職サイト経由の選考では、落ちた理由が分からないことが多いというデメリットがあります。

 

 

選考に落ちた理由や評価されたポイントが分からないと、次回の対策を立てづらいですよね。

 

 

また、面接対策も一人で行う必要があるため、「自分の面接は良いのか悪いのかよく分からないな…」という気持ちを抱えながら選考を進めることとなってしまいます。

まとめ

・転職サイトによって掲載企業が異なるため、複数登録することで選択の幅を広げられる

・複数の転職サイトに登録すれば、スカウトされる可能性も高まる

・複数の転職サイトに登録すれば、履歴書などの書類を添削してもらえる機会を増やせる

・ネット環境があればいつでも調べられるため、自分のペースで活動できる

・別々のサイト経由で選考が進んだ場合、スケジュール管理などに手間がかかる

・明確な企業選定基準がないと、膨大な掲載企業の中から希望する企業を探すのが大変

・選考に落ちた理由が分からないことが多く、対策がしづらい

 

 

この記事を読んでいる人の中には「転職サイトに登録したが、その後の履歴書などの登録が面倒だから利用をやめてしまった」という人もいるでしょう。

 

 

確かに履歴書等の登録にはそれなりに時間がかかるが、一度作ってしまえば他のサイトでも同じ内容で流用可能です。

 

 

また一通り登録が完了することで、サイトから応募することができ、スカウトされる確率も上がるため、結果的に便利であると言えます。

 

転職サイトの複数利用は、管理が大変という面があるが、自分のペースで企業探しや企業研究をじっくり行いたいという人にはうってつけの方法だろう。

Twitterでフォローしよう