【残業辛いからやめたい】あなたが本当に辞めても良い理由

残業星人
今月も残業80時間…達成…ゴフゥ

プリン
それはきつい。すぐに対策しよう

 

仕事をしていると、残業をすることもあるでしょう。

 

多少の残業であれば致し方ないですが、それが毎日、長時間に及んでしまうとプライベートの時間が取れなくなり、肉体的にも精神的にも追い詰められてしまいます。

 

この記事では、残業が辛いからやめたいと思っている方へ向けて

私のエピソードをお伝えするとともに、対策方法について紹介します。

 

働き過ぎて疲れていると、判断力も低下します。

 

辞めて後悔、辞めずに後悔する前に対策をとることが大切です。

 

【こんな悩める会社員へ】

・毎日残業が続いて、心身ともに限界

・残業が辛くて辞めたい

・残業が辛いので減らせるなら減らしたい

残業が辛いからやめても良い理由

過労死ラインは残業80時間

厚生労働省のガイドラインによると、一ヶ月の残業時間が80時間を超えると過労死リスクが高くなるとされています。

 

そう言われても、あなたにはピンと来ないかも知れません。

 

それは、あなたが既に過重労働に慣れてしまっているからです。

 

現在、日本に存在するほぼすべての会社において、「36協定」が締結されているはずです。

 

36協定」に定義されている残業時間について平たく言うと、下記の通りです。

・原則、残業の上限は月45時間、年間360時間以内

・残業の上限である月45時間を越えても良いのは年間で6回まで

・臨時的な特別な事情があっても、残業は年間720時間以内

・2〜6ヶ月の平均残業時間は80時間以内に

・月100時間以上の残業は不可

 

あなたの会社は、この定義に反してはいないでしょうか?

 

もし心当たりがあるようなら、即座に転職を考えるべきレベルです。

 

 

かつて、私がプログラマーとして勤務していた会社は、いわゆるブラック企業でした。

 

残業代をきっちり出していた分だけマシ、という程度で、残業時間は青天井。

 

始発で帰宅し、シャワーを浴びて着替えたらまた出社という、人間としては最底辺の生活をしていました。

 

初めはつらくてたまらなかったその生活も、人間の適応能力とは恐ろしいもので、次第に慣れてしまうのです。

 

 

そして、その

「慣れ」こそが、最も恐ろしいことなのです。

 

 

職場全体に蔓延していた「慣れ」によって、何人の先輩・同僚・後輩が、その後の人生に多大な影響を残す病気になっていったことか。

 

 

あなたの周囲にも、うつ病で休職または退職している人がいるのではないでしょうか?

 

残業80時間以上の人の末路

プリン教官
私があるプロジェクトに関わっていた時の話をしたいと思います

 

PM(プロジェクトマネージャー)だった当時40代の先輩は、いつも終電まで残業している人でした。

 

当時の勤務先は二次請けで、一次請けの会社が作ったプログラムを検証し、バグを見つけて発生条件を固定し…と、いわゆるデバッグを担当していました。

 

ですが、回ってくるプログラムはバグだらけ、報告した傍からバグが見つかるような状況。

 

一次請け会社の営業が無能なのか、クライアントのちぐはぐな要望をハイハイ聞いているせいで、

仕様変更も日常茶飯事という、控えめに見積もっても地獄だとしか言いようのないプロジェクトでした。

 

 

先輩は、デバッグチームを管理してまとめながら、一次請け会社では手が回らないプログラム修正などもやっていました。

 

 

やってもやっても終わらないプロジェクトに、

まだ若くて下っ端だった友人でさえ残業時間が70時間を超えていたある日、

先輩は

先輩
昼飯いってくるわ

と行って財布片手に出ていき、

そのまま帰って来なかったんです。

 

 

昼食に行った店で倒れ、そのまま救急車で運ばれて入院したのです。

病名は心筋梗塞。

 

 

先輩の残業時間は100時間をはるかに超えている状態が続いていました。

 

幸いにも一命はとりとめましたが、先輩はそのまま退職することを選択。

 

 

先輩ひとりで支えていたようなチームだったので、

その後まもなくチームは瓦解し、メンバーは違うプロジェクトへと配属されることになったのです。

 

例外的に発生する長時間残業であればともかく、それが通常の業務時間になってしまうと、人間は正常な判断力も失うのです。

 

 

あなたがしている仕事は、あなたの命と引き換えにしてもいいものでしょうか?

 

あなたにまだ考える力があるうちに、離れる判断をすべきです。

36協定」を守らない会社に未来はあるか?

36協定」は、労働基準法に定められたものです。

 

 

日本は法治国家であり、日本に存在する事業所である以上、法を守ることは企業利益に優先することは言うまでもありません。

 

 

2020年4月からは、「36協定」が中小企業にも適用されています。

 

 

いくら就業規則に「残業時間は制限なし」と記載されていようと、法律が優先されるのは当然のことです。

 

 

繰り返しになりますが、残業時間が80時間というのは、過労死の危険がある状況なのです。

 

 

会社側がそれを認識していないのだとすれば、労務管理ができていないということ。

プリン
「知らなかった」で済まされる話ではありません

 

認識していればなお悪く、この事実が露見すれば、罰金もしくは懲役という刑罰が課せられる可能性もあります。

 

残業星人
そんな会社に長居する必要が、本当にあるのかな?

いくら残業代が出ていようと、心身が疲弊してしまうような労働を課す会社に、未来はあるでしょうか?

 

あなたの会社が本当に労務管理をきちんとしていたら、人員補充をしたり、業務量の調整に入るはず。

 

 

それをしないような会社は、時流に置いて行かれる運命にあります。

このご時世、労務管理にうるさいのがスタンダードだからです。

 

 

中には、「36協定」を守るために、月45時間を超える残業をする場合は、サービス残業とするように通達する会社もあると聞きます。

 

もしあなたの会社がそんな対応をしているようなら、即座に見切りをつけなくてはなりません。

 

そんな会社に、あなたの人生やキャリアを食いつぶさせるのは、あまりに勿体無い話でしょう。

転職は逃げではない

ここまで書いてきた通り、あなたが残業80時間程度状況に置かれているのであれば、それは

異常です。

 

 

労働基準法が改正されても、未だに長時間残業がなくならないのは、それを美徳としてきた精神的な土壌があるせいでしょう。

 

プリン
ですが、それは過去の話だと強く言いたい

 

長時間残業をせざるを得ない環境は、人間としての尊厳さえ奪っていきます。

 

あなたには、もっと豊かで人間らしい生活を送る権利があるはずです。

 

転職を逃げだと言う人もいるが、決してそうではありません。

 

あなたは労働の対価として給与を受け取っているにすぎず、

あなたと会社とは対等な関係だからです。

 

 

労働するに値しない環境から、より価値ある場所へ移るのは、当たり前のこと。

 

 

昨今、労働環境を理由に転職する人は多いんです。

試しに、転職サイトに登録して動き始めてみるのもいいでしょう。

こちらも参考にしてくださいね

 

 

実際、私もプログラマーから転職しています。

このままでは、自分が自分ではいられなくなるという切実な危機感があったからです。

 

 

あなたはどうでしょうか。

 

そのまま長時間労働を続けて、10年後、20年後のキャリアを思い描けるでしょうか?

今は良くても、10年後、20年後も、今のように働いていられるでしょうか?

 

 

将来の自分が描けないような会社に、未来はありません。

 

また、退職を意を伝えることも困難なほどの状況であれば、退職代行を利用するのも手です。

 

業務を見つめなおす対処法3つ

残業時間80時間が常態化しているのであれば、すぐにでも転職なり退職するべきです。

 

しかし残業時間がそこまで多くなかったり、職場環境によっては業務をみつめなおすことで改善が図れる可能性もあります。

 

業務を見つめなおして残業を減らす対処法については、以下の通りです。

・業務の全体像をつかむ

・todoリストを作る

・仕事を断る勇気も必要

プリン
一つずつ解説していきます

業務の全体像をつかむ

まずは、残業が多い原因が会社側にあるのか、それとも自分の段取り方法にあるのか確認することが大切です。

 

現在担当している業務全てを棚卸しすることで、「何に・どのくらい時間がかかるのか」を可視化させてみましょう。

 

仕事内容によっては年に数回程度しか発生しないものもあると思いますが、業務の棚卸しなので、そういった細かな業務も全て書き出してください。

 

 

書き出しの例としては、

①ルーティン

②毎月

③イレギュラー

 

…など、業務ごとにカテゴリーごとに分けると分かりやすくなります。

 

 

それぞれの業務を書き出すうちに、

「あれ?この業務の納期は毎月?それとも隔月だったかな?」など、不明瞭な部分が出てくるでしょう。

 

こうした小さな「疑問」を一つずつ解決していって下さい。

 

 

忙しくなってしまうと、どうしてもその場しのぎでの対応が重なり、業務一つひとつのプロセスが曖昧になってしまうことが多いです。

 

そうして曖昧になっている部分を毎回確認したり、やり方を考えたりしている時間が積み重なることで、業務の処理に時間がかかり、残業となってしまっている可能性もあるのです。

 

 

「何を・いつまでに・どの程度」こなすべきかが明白になれば、自ずとやるべきことや想定される時間、業務量が適正かどうかなどが見えてくるはずです。

 

todoリストを作る

仕事の全体像がつかめたら、次はtodoリストを作ります。

 

私が残業を減らすために実際に行った方法は、

 

①毎日のtodoリスト

②今月のtodoリスト

 

の2種類を常に用意しておくことです。

 

翌月以降に発生する業務は、デスクにある卓上カレンダーなどにメモしていました。

 

 

私が以前編集の仕事をしていたときは本当にやることが多く、繁忙期は毎日平均4時間以上残業していました。

 

忙しいとどうしても気持ちが焦ってしまい、また残業による疲労で思考力も低下していたので、「とにかく目についた仕事から片づける」毎日でした。

 

「目についた仕事」をこなすことは一見仕事の処理速度が速そうに感じますが、実際は納期にまだ余裕がある、などといった、急がなくてもよい仕事にも時間を使っていたのです。

 

さらには、目についた仕事を後先考えずに処理しているうちに、納期が差し迫っている重要な仕事が記憶の彼方に追いやられてしまい、大変なことに…、という苦い経験もありました。

 

 

こうした事態を防ぐために、①毎日のtodoリストと②今月のtodoリストが役立ちます。

 

 

  • 毎日のtodoリスト

忙しいと焦ってしまったり、忘れっぽくなってしまったりしますので、「今日やるべきこと」を「毎日」書き出します。

 

やるべきことをリストアップするタイミングとしては、前日の退勤前がおすすめです。

 

朝はメールチェックや電話対応、ミーティングなど、意外とゆっくり考える時間が取りづらいことが多く、正直頭がうまく働かないこともあります。

 

ですので、前日の仕事モード中に翌日のなすべきことをリストアップしておけば、翌朝忙しかったとしても落ち着いてやるべきことに集中することができるのです。

 

また、前日に翌日のやるべきことが分かっていると、「どの程度時間がかかりそうか」や「仕事を処理する順番」などが見えてくるはずです。

 

業務の中でもボリュームのある業務が控えていると分かれば、事前に準備することも容易となり、よりスムーズに業務を進められるでしょう。

 

 

毎日書き出すのは少々面倒かもしれませんが、事前にきちんとやるべきことが分かっていれば「何か忘れている気がする…。」などと不安に感じる必要はなくなります。

 

 

また、その日やるべきことが定時内に完了した場合は、翌日以降に業務を先回りして片づけることも可能となるため、より早く仕事を進めることに繋がるのです。

 

  • 今月のtodoリスト

忙しいと時間の経過が早く、「もう月末!?あの仕事まだ終わってない…。」ということにもなりかねません。

 

 

また毎日のtodoリストのみだと、どうしても近視眼的な視点になってしまい、大局を見通せないことでやるべきことが抜け落ちてしまう可能性もあるのです。

 

そのため、1か月の業務から逆算して毎日のtodoリストを作ることで「忘れ防止」を強化することができるのです。

 

 

仕事に追われる毎日の中での思わぬ「忘れ物」に気付いた時の絶望感ほど怖いものはないです。

 

 

「毎日のやるべきこと」の他に「少し先までのやるべきこと」が見える化できることで、しっかりと業務計画を練られると同時に精神的なゆとりも生まれます。

 

仕事を断る勇気も必要

残業が多い職場は、基本的に他の人も忙しいので、仕事を断ることへの罪悪感が大きかったり、上司や先輩の機嫌を損ねてしまうのが怖かったりして受けざるを得ない、という方も多いでしょう。

 

 

私も断れない性格なので、つい一つ返事で「やります!」と言ってしまって後から後悔することがよくありました。

 

 

当たり前ですが、何でも受けてしまうとどんどんやるべきことが増え、優先順位が付けられなくなり、本来の仕事でさえもまともにできなくなってしまう可能性が高いです。

 

またいつも受け入れることで、周囲も「○○さんはいつもやってくれるからまた頼もう。」と、どんどん頼むようになるでしょう。

 

頼む側は、当人の仕事の状況がどうかは分からないので、受け入れる=余裕があると捉えます。

 

 

無理して受け入れ続けてしまえば、あなたの身体に支障が出るだけではなく、頼まれた仕事をこなせなかった時に周囲の信頼が大きく下がってしまうのです。

 

ですので、無理な時は勇気をもってNOと言えるようになることが大切です。

 

 

断る時に角が立たないポイントは、「クッション言葉+できない理由」を述べることです。

 

例えば「お手伝いしたいところなのですが、15時までに対応しなければならない案件がございますため、今はお受けすることができません。」という具合です。

 

 

ただ単に「申し訳ございません、できません。」だけでは、相手によっては「失礼な奴だ。」と思われてしまう可能性もあります。

 

 

そのため、まずは”相手も忙しい”ということに理解を示すようなクッション言葉とできない理由を述べることで、相手も「それなら仕方ないな。」と、納得してもらいやすくなるのです。

 

ですが、中には「どうしてもできないの?」と無理強いしてくる人や、そもそも断ること自体が難しい人もいることでしょう。

 

その場合は、前述の「クッション言葉+理由」に、「いつなら対応できるか」をプラスすると良いです。

 

「今はできませんが、2時間後なら可能です。」などと、予めこちらから条件を提示することで、より相手の期待に応えようとする姿勢を示すことができるのです。

 

残業が辛いからやめたい【まとめ】

・労務管理をしない会社に未来はない

・今すぐ転職を考える必要がある

 

・業務の全体像が分からないと仕事の段取りが組めず、仕事に振り回されてしまう

・毎日のtodoリスト、毎月のtodoリストを作成することは仕事のし忘れ防止に役立つ

・時には仕事を断る勇気も必要。断る時はクッション言葉+できない理由を伝える

 

 

連日の残業は、プライベートの時間が圧迫されるだけではなく、身体や精神面に影響を及ぼします。

 

さらに気を付けるべきなのは、残業すること自体に慣れてしまって、自分の身体の異変に気付きにくくなってしまうことでしょう。

 

「残業が辛い、やめたい」と思えている今ならまだ充分取り返しが可能ですので、今すぐ転職するか、残業を減らす対策をとることが大切です。

 

仕事は誰にとっても大事なものです。

 

まっとうな社会人として生活を送るために、経済力が欠かせないのは当然。

 

ですがそれは、あなたの心身の健康と引き換えであってはならないのです。

Twitterでフォローしよう